ニコン、「COOLPIX W100」をiOS版のSnapBridgeに対応させるファームウェアを公開


ニコンは、「COOLPIX W100」の最新ファームウェアVer.1.1を11月29日に公開しました。

Nikon | Download center | COOLPIX W100
  • ニコンは、「COOLPIX W100」の最新ファームウェアVer.1.1を公開した
  • iOS版のSnapBridgeに対応
  • 下記の現象を修正
    - SnapBridgeでオリジナルサイズでのリモート撮影を繰り返すと、カメラ側のリモート撮影モードが解除され、カメラ側はスルー画面に戻ってしまう場合がある
    - カメラとスマートフォン/タブレット端末をペアリングした状態で[観察写真をとる]で撮影を行うと、撮影した画像が1つのフォルダにまとめて保存されない
    - 動画再生中に動画の早送りをし続け、終点に達する直前で早送りを止めるとハングアップする場合がある

「COOLPIX W100」は1317万画素の1/3.1型原色CMOSセンサーを搭載したニコンのファミリー向けの防水・耐衝撃コンパクトデジタルカメラです。35mm判換算で焦点距離30-90mm相当のレンズを採用しています。価格は1万6000円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

COOLPIX W100

ファームウェア

カメラ総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する