リコー、「PENTAX K-1」用機能拡張ファームウェア1.30を9月29日に公開


リコーは、「PENTAX K-1」用機能拡張ファームウェア1.30を9月29日に公開しました。

「PENTAX K-1」用機能拡張ファームウェア バージョン1.30をリリース
  • リコーは、「PENTAX K-1」用機能拡張ファームウェア バージョン1.30を公開した
  • ライブビュー時の電子シャッターレリーズに対応
  • クロップに1:1サイズを追加
  • ローパスセレクターブラケットに2枚ブラケットを追加
  • スマートファンクション([BKT]設定でブラケット幅の選択時にブラケットのキャンセルが選択できるようになる)
  • 全般的な動作安定性を向上
  • ※この記事は9月20日から更新しています

「PENTAX K-1」は、3640万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したリコーのペンタックスブランドのデジタル一眼レフカメラです。5軸手ブレ補正やフレキシブルチルト液晶を採用しています。今回の機能拡張内容についてPDFマニュアルが公開されています。
URL:PENTAX K-1用ファームウェア、バージョン1.30
URL:PDFマニュアル

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

PENTAX K-1

ファームウェア

家電総合 売れ筋ランキング