「iPad Pro 12.9 (2018)」と「Surface Pro 6」の違い


アップル「12.9インチのiPad Pro 2018年モデル (アイパッド・プロ 第3世代)」とマイクロソフト「Surface Pro 6 12.3インチ (サーフェス・プロ 第6世代)」の違いを比較しました。

「iPad Pro 12.9 (2018)」は2018年10月30日に発表されたアップルのタブレットです。マイクロソフトのタブレット型PC「Surface Pro 6」と外観・スペックを比較してみました。

「iPad Pro 12.9 (2018)」と「Surface Pro 6」 1
「iPad Pro 12.9 (2018)」と「Surface Pro 6」の正面比較

「iPad Pro 12.9 (2018)」と「Surface Pro 6」 2
「iPad Pro 12.9 (2018)」と「Surface Pro 6」の背面比較。「Surface Pro 6」はキックスタンドが開いた状態です。

「iPad Pro 12.9 (2018)」と「Surface Pro 6」 3
「iPad Pro 12.9 (2018)」と「Surface Pro 6」を重ねた比較画像。左側が「Surface Pro 6」の本体(赤色)、右側が「Surface Pro 6」のディスプレイ部分のみ(赤色)を重ねた比較です。

外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「iPad Pro 12.9 (2018)」は12.9インチ(2732x2048)で比率4:3のB5サイズのディスプレイを搭載していますが、「Surface Pro 6」は12.3インチ(2736x1824)で比率3:2です。本体サイズは、「iPad Pro 12.9 (2018)」が「Surface Pro 6」より、幅が13.9mm広く、高さが11.4mm小さく、奥行きが2.6mm薄く(iPadは背面カメラに出っ張りあり)、質量が144g軽くなっています。「iPad Pro 12.9 (2018)」は横幅が広く、「Surface Pro 6」は縦長の形状です。
  • 【キックスタンド】
    「Surface Pro 6」は背面部に165°可動するキックスタンドが取り付けられているので、本体のみで角度の調節が可能です。「iPad Pro 12.9 (2018)」は2段階の角度調節が可能な「Smart Keyboard Folio」などの外部アクセサリーを取り付けることで本体を立たせることができます。
  • 【接続端子】
    「iPad Pro 12.9 (2018)」はUSB端子に「USB Type-C」x1を採用していますが、「Surface Pro 6」は「USB Type-A」x1です。「Surface Pro 6」は、microSDカード用のスロットや3.5mmイヤホンジャックも搭載されています。

機能・特徴
  • 【OS】
    「iPad Pro 12.9 (2018)」はアップルの「iOS」を搭載しているのに対し、「Surface Pro 6」はマイクロソフトの「Windows OS」を搭載しています。「Surface Pro 6」は一般的なWindowsパソコンと変わらない「Windows 10」を採用し、別売りのキーボードを着脱することで表示モードを切り替えることができます。仕事では「デスクトップ/ラップトップモード」、自宅では「タブレットモード」という1台で2つの役割を行える「2 in 1 PC」です。「iPad Pro 12.9 (2018)」のOSは、アップルのデスクトップPCに採用される「macOS」ではありませんが、フルサイズキーボードの「Smart Keyboard Folio」を装着してタイピングなど各種の操作が可能です。
  • 【ディスプレイ】
    「iPad Pro 12.9 (2018)」は、ベゼル幅が狭い狭額縁設計(ベゼルレス・デザイン)や、リフレッシュレートが120Hzの「ProMotionテクノロジー」、表現可能な色の範囲が広い「広色域ディスプレイ(P3)」、環境に合わせてホワイトバランスを調節する「True Toneディスプレイ」、液晶面とディスプレイガラス(カバーガラス)が一体化した「フルラミネーションディスプレイ」などが採用されています。「iPad Pro 12.9 (2018)」はディスプレイ4隅が丸くなったラウンド形状なのに対し、「Surface Pro 6」は四角い形状です。
  • 【カメラ】
    「iPad Pro 12.9 (2018)」は背面に1200万画素・正面に700万画素カメラを搭載しているのに対し、「Surface Pro 6」は背面に800万画素・正面に500万画素カメラを搭載しています。「iPad Pro 12.9 (2018)」は4K(3840x2160) 60fpsやフルHDで120fpsのスローモーション動画が撮影可能です。また、「iPad Pro 12.9 (2018)」は「TrueDepthカメラ」と呼ばれる高性能な正面カメラを搭載することで、3D顔認証や背景のボケ効果がある「ポートレートモード」が使用できます。



アップル「12.9インチのiPad Pro 2018年モデル (アイパッド・プロ 第3世代)」とマイクロソフト「Surface Pro 6 12.3インチ (サーフェス・プロ 第6世代)」のスペック違いを比較
製品名アップル iPad Pro 12.9 (2018)マイクロソフト Surface Pro 6
発売日2018年11月07日2018年10月16日
価格(最安構成)64GB:111,800円128GB:119,800円
LTEモデル○(nanoSIM[Apple SIMに対応]、eSIM)
発売時のOSiOS 12Windows 10 Home
タイプタブレット端末2in1(ノートパソコン、タブレット端末)
プロセッサーA12X、M12、Neural Engine第8世代インテル Core i5、i7 (コアx4)、i5とi7:UHD グラフィック620
RAM4GB、1TBモデルは6GB(予想)8GB、16GB
ストレージ64GB、256GB、512GB、1TB128GB、256GB、512GB、1TB (SSD)
外部メモリーmicroSD用のスロットあり
バッテリー容量36.71Wh、最大10時間のWi-Fi、最大9時間の3G・LTE13.5時間のローカルドライブ上の動画再生
セキュリティ(生体認証)Face IDの3D顔認証(縦・横位置対応)Windows Helloの顔認証
モニター/解像度12.9インチ(2732x2048ドット)、264ppi、比率4:312.3インチ(2736x1824ドット)、267ppi、比率3:2
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ、IPS LEDバックライトMulti-TouchPixelSenseディスプレイ、10点マルチタッチ
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンドLTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 11 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 66
Bluetooth5.04.1
NFC(FeliCa/おサイフケータイ)
GPS未確認
背面カメラ1200万画素(裏面照射型) F1.8800万画素
動画4K(3840x2160) 60/30fps、フルHD(1080p) 60/30fps、120fps(1080p)、240fps(720p)フルHD(1080p)
正面カメラ700万画素(裏面照射型) F2.2500万画素
外部端子USB Type-Cx1、Smart ConnectorUSB 3.0 Type-Ax1、Surface Connect、Surfaceタイプカバー、Surface Dial、Mini DisplayPort
3.5mmヘッドフォンジャック
防水・防塵機能
オーディオ4スピーカーステレオスピーカー、Dolby Audio Premium
マイク5つのマイクロフォンデュアルマイク
ハイレゾ未確認
スタンド別売りアクセサリーで対応キックスタンドが背面に取り付け
ファンファンレス○(予想)
各種センサー3軸ジャイロ、加速度、環境光、気圧計ジャイロ、加速度、環境光
テレビ(ワンセグ・フルセグ)
スタイラスペン(別売り)第2世代のApple Pencil(1万4500円前後)4096段階の筆圧を感知するSurfaceペン(1万3000円前後)
キーボード兼カバー(別売り)Smart Keyboard Folio(2万2800円前後)Surface Pro 6 タイプカバー
その他リバースチャージ、AR(拡張現実)Office HomeとBusiness 2016、マグネシウム合金
カラーシルバー、スペースグレイブラック、プラチナ
214.9mm201mm
高さ280.6mm292mm
奥行き(厚み)5.9mm(カメラ部に出っ張りあり)8.5mm
重さ631g(Wi-Fi)、633g(Wi-Fi + Cellular)i5:775g、i7:792g
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

iPad Pro 12.9 (2018)

Surface Pro 6

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する