ニコン、電波制御対応「スピードライト SB-5000」を3月に発売


ニコンは、ニコン初の電波制御に対応した「スピードライト SB-5000」を3月に発売すると発表しました。

Nikon | ニュース | 報道資料:スピードライト「SB-5000」を発売
  • ニコンは、ニコン初の電波制御に対応した最上位スピードライト「SB-5000」を発売する
  • 自由度の高いライティングが可能な電波制御によるワイヤレス増灯撮影「電波制御アドバンストワイヤレスライティング」を搭載
  • ガイドナンバーは、34.5(FXフォーマット、ISO 100・m、照射角35mm、スタンダード配光時)
  • 新開発の冷却機能「クーリングシステム」によりフラッシュヘッド内部の過熱を抑え、連続発光回数を大幅に向上
  • 「ロータリーマルチセレクター」に多くの機能を集約し、操作性を向上
  • 使用頻度の高い機能に素早くアクセスできる「iボタン」を搭載
  • 小型化を実現
  • 価格は7万円台

光通信と異なり、電波通信だと明るさや障害物などに影響されずにリモートフラッシュが使用できるので撮影が楽になりますね。対応カメラはD5とD500で、ワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10」とWR用変換アダプター「WR-A10」が必要です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

スピードライト SB-5000

売れ筋ランキング