サムヤン「AF24mm F2.8 FE」と「AF35mm F2.8 FE」の違い


サムヤン「AF24mm F2.8 FE」と「AF35mm F2.8 FE」の違いを比較しました。

「AF24mm F2.8 FE」は2018年6月11日に海外で発表された韓国サムヤン(Samyang)のソニーEマウント用交換レンズです。35mmフルサイズのイメージサークルに対応しています。日本国内で発売されている「AF35mm F2.8 FE」と外観・スペックを比較してみました。サムヤンレンズは日本国内ではケンコー・トキナーが取り扱っています。
※日本国内でも2018年7月13日に「AF24mm F2.8 FE」が発表されました。

サムヤン「AF24mm F2.8 FE」と「AF35mm F2.8 FE」 1
サムヤン「AF24mm F2.8 FE」と「AF35mm F2.8 FE」の比較。※サイズ感は異なる場合があります。

サムヤン「AF24mm F2.8 FE」と「AF35mm F2.8 FE」 2
サムヤン「AF24mm F2.8 FE」と「AF35mm F2.8 FE」を「α7 III」に装着したイメージ画像。※実際に装着した画像ではありません。サイズ感は異なる場合があります。

特徴の違い
  • 「AF24mm F2.8 FE」と「AF35mm F2.8 FE」はどちらも小型軽量化を重視したオートフォーカス対応の単焦点レンズです。レンズの長さが短いパンケーキレンズに近い外観で、小型のミラーレス機と組み合わせて旅行やスナップ撮影などに最適なサイズ感を実現しています。「AF24mm F2.8 FE」はフルサイズ対応で24mmの広角とF2.8の明るさを持ちながらも驚くほど小型軽量化されており、質量はわずか93gしかありません。「AF24mm F2.8 FE」は「AF35mm F2.8 FE」に比べてオートフォーカス作動音が静かになっています。フルサイズミラーレスで広角撮影が気軽に楽しめるレンズです。


※Amazonでも「AF24mm F2.8 FE」が取り扱い開始されました。


サムヤン「AF24mm F2.8 FE」と「AF35mm F2.8 FE」のスペック違いを比較
製品名サムヤン AF24mm F2.8 FEサムヤン AF35mm F2.8 FE
発売日2018年07月20日2017年07月28日
価格3万9000円前後4万円前後
マウントソニーE(FEレンズ)
シリーズAF FEシリーズ
タイプ単焦点
センサーフルサイズ
レンズタイプミラーレス
焦点距離24mm35mm
オートフォーカス
マニュアルフォーカス
絞りF2.8~22
絞り羽根枚数7枚
レンズ構成7群7枚6群7枚
コーティングウルトラマルチコート(UMC)
特殊レンズASPレンズ3枚、HRレンズ2枚非球面レンズ2枚、高屈折レンズ1枚
最短撮影距離0.24m0.35m
最大撮影倍率0.13倍0.12倍
画角82.1°63.1°
フィルターサイズ49mm
レンズフード付き未確認○(40.5mmフィルター溝あり)
手ブレ補正機能
防塵・防滴構造
最大径61.8mm
長さ37mm33mm
重さ93g86g
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

AF24mm F2.8 FE

AF35mm F2.8 FE

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する