シグマ、「SIGMA sd Quattro/H」の不具合改善ファームウェアを4月13日に公開


シグマは、「SIGMA sd Quattro」と「SIGMA sd Quattro H」の最新ファームウェアを4月13日に公開しました。

SIGMA sd Quattro / sd Quattro H ファームウェアダウンロードサービス開始のお知らせ | カメラ | SIGMA|株式会社シグマ
  • シグマは、「SIGMA sd Quattro」と「SIGMA sd Quattro H」の最新ファームウェアを公開した
  • 【SIGMA sd Quattro (Ver.1.09)/SIGMA sd Quattro H (Ver.1.05)】
    低温環境下において、カメラの電源を入れたときにファインダーやメインモニターが正しく表示されず、シャッターが切れなくなったり、バッテリー残量が少なくなったときに画像が正しく記録されなかったりする現象を改善

「SIGMA sd Quattro」は2900万画素のAPS-Cサイズ、「SIGMA sd Quattro H」は4480万画素のAPS-HサイズのFoveon X3 ダイレクトイメージセンサー(CMOS)を搭載したシグマのミラーレスカメラです。シグマSAマウントを採用しています。販売価格は「SIGMA sd Quattro」が7万円前後、「SIGMA sd Quattro H」が11万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

SIGMA sd Quattro

SIGMA sd Quattro H

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する