ソニー、「α7 III」と「HVL-F60RM」を発売


ソニーは、ミラーレスカメラ「α7 III」と最上位フラッシュ「HVL-F60RM」を2月27日に発表しました。

ソニーの最先端カメラ技術を凝縮した“フルサイズミラーレス”ベーシックモデル 『α7 III』発売
電波式ワイヤレス通信対応で大光量ガイドナンバー60の最上位フラッシュ『HVL-F60RM』発売
  • ソニーは、「α7 III」と「HVL-F60RM」を発表した
  • 「α7 III」は2014年12月5日に発売された「α7 II」の後継機や上位機
  • 2420万画素のフルサイズ裏面照射型CMOS Exmor Rセンサーを搭載
  • 電子シャッターとメカシャッターで10コマ/秒の高速連写が可能
  • 693点の像面位相差AFセンサーを搭載
  • 画素加算のない全画素読み出しの4K動画記録と4K HDRに対応
  • 3月23日の発売予定で、販売価格予想は23万円前後
  • 「HVL-F60RM」は最上位の外付けフラッシュ
  • 電波式ワイヤレス通信に対応
  • ガイドナンバーは60の大光量フラッシュ
  • フラッシュ用外部電池アダプター「FA-EBA1」(27,000円)とレインガード「FA-RG1」(2,500円)の発売
  • メーカー希望小売価格は68,300円

「α7 III」は「α7R III」と「α9」の技術が取り入れられたカメラでスタンダードモデルとしては非常にハイレベルですね。しかしその分、価格も10万円近く上がっているようです。「α7 III」の予約受付は3月2日の10時から開始されます。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

α7 III

HVL-F60RM

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する