富士フイルム、「X-Pro2」と「X-E3」の最新ファームウェアを1月15日に公開


富士フイルムは、「FUJIFILM X-Pro2」と「FUJIFILM X-E3」の最新ファームウェアを1月15日に公開しました。

X-Pro2のファームウエアの更新:概要 | 富士フイルム
X-E3 のファームウエアの更新:概要 | 富士フイルム
  • 富士フイルムは、「FUJIFILM X-Pro2」と「FUJIFILM X-E3」の最新ファームウェアを公開した
  • 【FUJIFILM X-Pro2 バージョン4.01】
    ファームウエアVer.4.00のアップデート後に下記3つの条件に設定して撮影した場合のフリーズする現象を修正
    - 画質モード:Fine+RAWまたはNormal+RAW
    - RAW記録方式:ロスレス圧縮
    - ドライブモード:アドバンストフィルター(何らかのフィルターを選択)
  • 【FUJIFILM X-E3 バージョン1.10】
    - 「スマートフォン同期設定」機能追加
    - 撮影画像表示のハンチング現象を改善

「FUJIFILM X-Pro2」の更新ファームウェアは「Ver.4.00」での不具合を改善するものなのでアップデートしたほうが良さそうですね。「FUJIFILM X-Pro2」は2430万画素のAPS-CサイズX-Trans CMOS IIIセンサーを搭載した富士フィルムのミラーレスカメラです。光学と電子式を切り替えられる「ハイブリッドマルチビューファインダー」を搭載しています。販売価格は17万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

FUJIFILM X-Pro2

FUJIFILM X-E3

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する