ライカ、4Kや電子シャッターに対応「ライカTL2」を7月22日に発売


ライカは、「ライカTL2」を7月10日に発表しました。

ライカTL2 // ライカTLシステム // フォトグラフィー - Leica Camera AG
  • ライカは、「ライカTL2」を7月22日に発売する
  • 2016年11月26日に発売された「LEICA TL」の後継機
  • 新たに4K動画(3840x2160 30p)に対応し、120fps(1280x720)のスローモーション動画も撮影可能
  • オートフォーカスのスピードと精度が大きく向上
  • 電子シャッターに対応し、20コマ/秒の連写撮影や静音撮影に対応
  • USB3.0(タイプC)によりUSB充電が可能
  • 希望小売価格は25万円

基本仕様
レンズマウントライカLマウント系センサーAPS-C
23.6×15.7mm CMOS
画素数2496万総画素
2432万有効画素
最大記録画素数6016x4014
連写メカニカルシャッター:7コマ/秒、電子シャッター:20コマ/秒ファインダー-
ISO感度100-50000(標準)モニター3.7インチ
130万ドット
シャッタースピードメカニカル:1/4000-30秒、電子シャッター:1/40000-30秒撮影枚数250枚
静止画フォーマットRAW:DNG
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画4K(3840x2160) 30p、フルHD(1920x1080) 60p
可動式モニター固定式内蔵フラッシュ-
ネットワークWi-Fi:○記録メディアSDXC UHS-II
幅×高さ×奥行き134×69×33mm重さ355g (本体のみ)
399g (総重量)

「ライカTL2」の外観は「ライカTL」とほとんど変わっていませんが、中身は大きく進化した印象です。オートフォーカスはコントラストAFがベースになったもので、像面位相差AFには対応していないようです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

LEICA TL2

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する