タムロン、世界初の光学22.2倍ズーム「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028)」を7月20日に発売


タムロンは、「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028)」を6月23日に発表しました。

世界初、18-400mmをカバーする超望遠高倍率ズームレンズ誕生 | 株式会社タムロン
  • タムロンは、「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028)」を7月20日に発売する
  • APS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ用の交換レンズ
  • 35mm判換算で28-620mm相当の焦点距離をカバーする世界初の光学22.2倍ズームレンズ
  • 新たに3段繰り出し式の鏡筒を開発
  • 正確で静かなピント合わせが可能な独自開発のAFモーター「HLD (High/Low torque-modulated Drive)」を搭載
  • 手ブレ補正の効果は2.5段分
  • ニコン用に電磁絞り方式を採用
  • カスタマイズアクセサリー「TAP-in Console」に対応
  • 販売価格は8万円前後

基本仕様
レンズマウントキヤノンEF、ニコンFマウント系タイプズーム
焦点距離18~400mm
28~620mm(35mm判換算)
AF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成11群16枚絞り羽根枚数7枚
最短撮影距離0.45m最大撮影倍率0.34倍
絞りF3.5~40画角75.33-4度
フィルターサイズ72mm対応センサーAPS-C
手ブレ補正機能2.5段分防塵・防滴構造
最大径×長さ79×123.9mm(キヤノン用)、121.4mm(ニコン用)重さ710g(キヤノン用)、705g(ニコン用)

「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028)」は驚くほど高倍率で、これ1本あれば旅行撮影などで非常に活躍しそうですね。コストパフォーマンスもいいので売れ筋のレンズになりそうです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028)

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する