【Lightroom】「自動読み込み」を使って複数の画像に調整パラメーターを自動適用する方法


【Lightroom】「自動読み込み」を使って複数の画像に調整パラメーターを自動適用する方法

Adobe Photoshop Lightroomで「自動読み込み」を使って複数の画像に調整パラメーターを自動適用する方法について掲載しています。

Adobe Photoshop Lightroom(アドビ フォトショップ ライトルーム)では、「自動読み込み」機能を使って複数の画像に簡単に「プリセット」で作成した調整パラメーターを適用することができます。「プリセット」の作成は「【Lightroom】「プリセット」を制作して作業を効率化する方法」をご覧下さい。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

まず初めに「自動読み込み設定」をするにはフォルダーを2つ指定する必要があります。後から変更ができるので、分かりやすくデスクトップに「A」と「B」という名称のフォルダーを作成します。中身は空である必要があります。フォルダーが作成できたら、「ファイル」→「自動読み込み」→「自動読み込み設定」をクリックします。初めて「自動読み込み設定」をする場合は、「自動読み込みを有効にする」が選択できません。
「自動読み込み」を使って複数の画像に調整パラメーターを自動適用する方法 1

「自動読み込み設定」画面が開くので、「監視フォルダー」にフォルダー「A」を選択し、「保存先」にフォルダー「B」を選択します。「情報」→「現像設定」で適用したい「プリセット」を選択します。「ユーザープリセット」は「User Presets」と表記されています。
「自動読み込み」を使って複数の画像に調整パラメーターを自動適用する方法 2

「自動読み込みを有効にする」をチェックしたら、フォルダー「A」に「自動読み込み」を適用したい画像を移動します。「Lightroom」の画面は「現像」にしておいて下さい。少し待つと、「Lightroom」にフォルダー「A」に移動した画像が自動で読み込まれます。
「自動読み込み」を使って複数の画像に調整パラメーターを自動適用する方法 3

読み込んだ画像には全て「プリセット」で指定した調整パラメーターが適用されています。フォルダー「A」で読み込んだ画像は、フォルダー「B」に移動されます。
「自動読み込み」を使って複数の画像に調整パラメーターを自動適用する方法 4

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop Lightroom

自動読み込み

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する