ライカ、大丸創業300周年限定モデル「ライカM ブラックアンバー」を限定50台で発売


ライカは、大丸創業300周年限定モデル「ライカM ブラックアンバー」を限定50台で発売すると発表しました。

大丸創業300周年限定モデル:「ライカM ブラックアンバー」 // 2017 // Japan // Local // ライカの最新情報 // ライカの世界 & 最新情報 - Leica Camera AG
  • ライカは、「ライカM ブラックアンバー」を発売する
  • 老舗百貨店の大丸が創業300周年を迎えることを記念したモデル
  • 細部のパーツに至るまで熟練職人による輪島の本漆塗り仕上げ
  • 使い込むほどに味わいが生まれ、経年変化も愉しむことができる工芸品のような逸品
  • 漆塗りに蒔絵のシャッターレリーズボタン4個と、赤漆塗り仕上げのボディキャップが付属
  • 桐箱に収めて提供
  • ライカ大丸東京店、ライカ松坂屋名古屋店、ライカ大丸心斎橋店で発売
  • 2017年3月25日13時から50台限定の受注生産
  • 完全な手作業で塗りと乾燥を繰り返すため、注文から3~4ヶ月後にお届け予定
  • 税込価格は1,350,000円

ベースの「ライカM Typ 240」は2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタルレンジファインダーカメラです。通常モデルは80~90万円で販売されています。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

ライカM ブラックアンバー

家電総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する