タムロン、「10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ VC HLD (Model B023)」を3月に発売


タムロンは、「10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ VC HLD (Model B023)」を3月に発売すると発表しました。

TAMRON|ニュース|手ブレ補正機構「VC」を搭載しながら小型化を実現 クラス最大の焦点レンジを持つ超広角ズームレンズを発売
  • タムロンは、「10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ VC HLD (Model B023)」を3月に発売する
  • 2008年10月に発売された「SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical [IF] (Model B001)」の後継レンズ
  • APS-Cセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ用の交換レンズ
  • 35mm換算で16-37mm相当の超広角ズームレンズでクラス最大の焦点レンジをカバー
  • 4.0段分の手ブレ補正機構VCを搭載
  • 駆動力と安定性に優れたタムロン初のAFモーターHLD(High/Low torque modulated Drive)を初搭載
  • レンズ最前面に防汚コートと、シーリングを施した簡易防滴構造を採用
  • ニコン用は電磁絞り方式を採用
  • レンズのファームウェア更新やAF調整ができる「TAMRON TAP-in Console (タップ・イン・コンソール)」に対応
  • 価格は6万円前後

基本仕様
レンズマウントキヤノンEF、ニコンFマウント系タイプズーム
焦点距離10~24mm
16~37mm(35mm判換算)
AF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成11群16枚絞り羽根枚数7枚
最短撮影距離0.24m最大撮影倍率0.18倍
絞りF3.5~29画角108.44~60.2度
フィルターサイズ77mm対応センサーAPS-C
手ブレ補正機能4.0段分防塵・防滴構造簡易防滴構
最大径×長さ83.6×84.6mm(キヤノン用) 82.1mm(ニコン用)重さ440g

「Model B023」は全般的な機能を向上させながら、前モデルの「Model B001」より全長が短縮されているので非常に使い勝手が良さそうですね。「TAMRON TAP-in Console」に対応するので拡張性も良さそうです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ VC HLD (Model B023)

コンパクトデジタルカメラ 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する