「X-T2」の「グラファイトシルバー」と「ブラックカラー」の違い


「FUJIFILM X-T2」の「グラファイトシルバー エディション」と「通常カラー(ブラック)」を比較しました。

「X-T2 グラファイトシルバー エディション」は2017年1月5日に海外で発表(日本国内では1月12日)された「X-T2」のカラーバリエーションです。「グラファイトシルバー エディション」は質感に拘り、塗料などが変更されています。スペックは通常カラーと同じなので、外観のみを比較してみました。

「X-T2 グラファイトシルバー」と「X-T2 ブラック」 1
「X-T2 グラファイトシルバー」と「X-T2 ブラック」の正面比較

FUJIFILM X-T2 Graphite Silver Editionの特徴
  • 「FUJIFILM X-T2グラファイトシルバー エディション」は塗装・焼付けの工程を3度繰り返す多層塗装により質感に拘ったカメラボディになっています。1コート目はマグネシウム製のトップカバーにマットブラックの下地塗装を施してシャドー部を引き締めハイライト部を際立たせ、2コート目は「薄膜多層コート技術」でグラファイトシルバーカラーに塗装することで高い平滑性と高級感のある輝きを実現、3コート目でクリア塗装を施してツヤ感のある外観に仕上げています。
  • 【付属品】
    「FUJIFILM X-T2グラファイトシルバー エディション」には、ボディと同色のクリップオンフラッシュ「EF-X8」「高級本革ストラップ」「アルミ製のホットシューカバー」がセットされています。レンズは付属されていません。



「FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディション」と「X-T2」のスペック違いを比較
製品名富士フイルム FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディション富士フイルム FUJIFILM X-T2
発売日2017年2月16日2016年9月8日
価格19万円前後16万円前後
シリーズFUJIFILM Xシリーズ
マウントフジフイルムX系マウント
センサーAPS-C(23.6×15.6mm 原色フィルター/X-Trans CMOS III)
ローパスフィルターレス仕様
画像処理エンジンX-Processor Pro
有効画素数2430万画素
最大記憶画素数6000×4000px
ISO200~12800
拡張ISO100~51200
連写電子シャッター:14コマ/秒、VPB-XT2装着時:11コマ/秒、8コマ/秒コマ/秒
連続撮影可能コマ数
AF方式像面位相差AF、コントラストAF
測距点91点(最大325点)
測距輝度範囲-3
ファインダー有機ELファインダー (236万ドット/視野率100%/倍率0.77倍)
モニター3インチ (104万ドット)
シャッタースピード1/8000~30秒
電子シャッター1/32000~30秒
サイレントシャッター電子シャッター
バルブ撮影
セルフタイマー2、10秒
撮影枚数340枚
RAWRAF:14bit
JPEG
TIFF
RAW+JPEG
動画4K (3840×2160) 30p
ファイル形式MOV
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264準拠
音声記録方式リニアPCM ステレオ(48KHzサンプリング)
手ぶれ補正-
内蔵フラッシュ-
防塵防滴仕様
ゴミ取り機能
ライブビュー
可動式モニター3方向チルト
タッチパネル-
顔認識
Wi-Fi
NFC
GPS
Bluetooth
SDカードデュアルSDスロットカード(SDXC)
132.5mm
高さ91.8mm
奥行き49.2mm
重さ457g
総重量507g
バッテリーNP-W126S
インターフェイスUSB3.0、HDMIマイクロ(Type D)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

FUJIFILM X-T2 グラファイトシルバー エディション

FUJIFILM X-T2

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する