【Photoshop】「選択範囲」を「パス」に変換する方法


【Photoshop】「選択範囲」を「パス」に変換する方法

Adobe Photoshopで「選択範囲」を「パス」に変換する方法について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)には、「パス」と「選択範囲」というオブジェクトの範囲を選択する機能があります。「パス」は「選択範囲」に変換でき、「選択範囲」は「パス」に変換することが可能です。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

「楕円形選択ツール」を利用して適当な円形を描きます。「楕円形選択ツール」を選択して画面をクリックし、そのまま指を離さずに「Shift」キーを押した状態でドラッグすると綺麗に円形を描くことができます。
「選択範囲」を「パス」に変換する方法 1

以下の円形の「選択範囲」を「パス」に変更します。
「選択範囲」を「パス」に変換する方法 2

「レイヤー」の上部から「パス」を選択すると以下のような画面に変わります。「レイヤー」が表示されていない場合は、「ウィンドウ」→「レイヤー」で表示させることができます。

「選択範囲」を「パス」に変えるには2つの方法があります。①は「選択範囲から作業用パスを作成」をクリック。②は、①より詳細に「パス」を設定できます。
「選択範囲」を「パス」に変換する方法 3

②の場合は「作業用パスを作成」をクリックします。
「選択範囲」を「パス」に変換する方法 4

以下のように「作業用パスを作成」画面が登場するのでOKボタンを押します。「許容値」は変更せずに大丈夫だと思います。
「選択範囲」を「パス」に変換する方法 5

「パス」を作成すると「作業用パス」が作られました。
「選択範囲」を「パス」に変換する方法 6

これで完成です。
「選択範囲」を「パス」に変換する方法 7

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop

パス

選択範囲

家電総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する