インタニヤ、驚異的な250°魚眼レンズ「Entaniya Fisheye 250 MFT」を発売


インタニヤ、驚異的な250°魚眼レンズ「Entaniya Fisheye 250 MFT」を発売

インタニヤは、マイクロフォーサーズ用の魚眼レンズ「Entaniya Fisheye 250 MFT」を発売すると発表しました。

マイクロフォーサーズ用魚眼レンズ | Entaniya Fisheye
  • インタニヤは、「Entaniya Fisheye 250 MFT」を発売する
  • マイクロフォーサーズマウント用の250°撮影が可能な魚眼レンズ
  • 「Entaniya Fisheye 250 MFT」は3つのイメージサークルから選択可能
  • 「Entaniya Fisheye 250 MFT 2.3」は、左右250°上下180°のワンショットVRが作成で、「Black Magick Micro Studio Camera 4K」で撮影すると垂直視野190°を確保
  • 「Entaniya Fisheye 250 MFT 3.0」は、円周魚眼が撮影でき、「Black Magick Micro Studio Camera 4K」で撮影すると上下の視野を140°程度で切り捨てることで水平250°の視野で最大限の解像度が得られる
  • 「Entaniya Fisheye 250 MFT 3.6」は、水平250°垂直220°の魚眼写真が可能で、「Black Magick Micro Studio Camera 4K」で撮影すると4台縦位置使用で6Kの360VRを実現
  • 価格は388,000円(税抜)
  • 発売予定日は2016年末

Entaniya Fisheye 250 MFT
Entaniya Fisheye 250 MFT

Entaniya Fisheye 250 MFT
Entaniya Fisheye 250 MFT
Entaniya Fisheye 250 MFT
Entaniya Fisheye 250 MFT

製品名Entaniya Fisheye 250 MFT 2.3Entaniya Fisheye 250 MFT 3.0Entaniya Fisheye 250 MFT 3.6
価格38万8000円
発売日2016年末頃
焦点距離2.3mm3mm3.6mm
絞りF/2.8F/4
視野角(4/3)250°(h:250°/v:250°)250°(h:250°/v:220°)
イメージサイズ190°=φ7.344mm180°=φ9.2mm180°=φ11mm
レンズ構成18枚12群(異常分散レンズ 4枚)

「Fisheye Nikkor 6mm F2.8 (画角220°)」を彷彿とさせる外観でインパクトがかなりあるレンズですね。画角も値段も驚きのレンズで、このレンズしか撮影できない写真が撮影できそうです。後玉が出た設計なので「OLYMPUS OM-D E-M5」「OLYMPUS PEN E-PL6/E-PL5」「OLYMPUS PEN E-PM1/E-PM2」などでは取り付けられない場合があるようです。flickrでは撮影した画像が1枚アップされています。
URL:Entaniya Fisheye 250 MFT 3.6
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Entaniya Fisheye 250 MFT

家電総合 売れ筋ランキング