リコー、360°スタンダードモデル「RICOH THETA SC」を10月28日に発売


リコーは、360°カメラのスタンダードモデル「RICOH THETA SC」を10月28日に発売すると発表しました。

ワンショットで全天球イメージを撮影できる360°カメラ「RICOH THETA SC」を新発売|RICOH IMAGING
  • リコーは、「RICOH THETA SC」を発売する
  • 360°撮影が可能な「RICOH THETA」シリーズのスタンダードモデル
  • 「RICOH THETA S」と同等の高性能CMOSイメージセンサーや大口径レンズはそのままに本体の軽量化を実現
  • 市販のVRビューアーを利用して手軽にVR体験が可能
  • 各種設定はWi-Fi接続したスマートフォンの専用アプリから簡単におこなえる
  • IPX7相当の防水性能を備えたハードタイプのケース「Hard Case TH-2」も10月28日に発売
  • 価格は3万円前後

RICOH THETA SC (ブルー)
RICOH THETA SC (ブルー)
RICOH THETA SC (ベージュ)
RICOH THETA SC (ベージュ)

RICOH THETA SC (ピンク)
RICOH THETA SC (ピンク)

基本仕様
画素数1200万有効画素センサー1/2.3型
CMOS×2
ISO感度100~1600(標準)インターフェースUSB2.0
シャッタースピード1/8000~60秒撮影枚数260枚
静止画フォーマットJPEG:○動画フルHD(1920x1080)
30fps
ネットワークWi-Fi:○記録メディア内蔵メモリー:約8GB
幅×高さ×奥行き45.2×130.6×22.9mm重さ102g (本体のみ)

「RICOH THETA SC」は「RICOH THETA S」の廉価版に近い立ち位置で、「RICOH THETA S」は上位機にいるようです。違いは軽量化以外にも、「HDMI-Micro(Type-D)」が省略されています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

RICOH THETA SC

家電総合 売れ筋ランキング