富士フイルム、中判カメラ「GFX 50S」を発表


富士フイルムは、中判カメラ「GFX 50S」を発表しました。

Fujfilm announces development GFX medium-format digital: Digital Photography Review
  • 富士フイルムは、中判カメラ「GFX 50S」の開発発表した
  • 5140万画素の中判サイズ(Gフォーマット)、CMOSセンサーを搭載
  • 新しいGマウントを採用(フランジバック:26.7mm、バックフォーカス:16.7mm、マウント径:65mm)
  • 1/4000秒に対応するフォーカルプレーンシャッターを搭載
  • ファインダーは交換式
  • 一眼レフスタイルのカメラでミラーレス機
  • ボディの重さは1kg以下
  • レンズは「GF63mmF2.8 R WR(50mm相当)」と「GF32-64mmF4 R LM WR(25-51mm相当)」と「GF120mmF4 Macro R LM OIS WR(95mm相当)」の3本を同時発表
  • 2017年には「GF23mmF4 R LM WR(18mm相当)」と「GF110mmF2 R LM WR(87mm相当)」と「GF45mmF4 R WR(35mm相当)」を発売予定
  • 「GFX 50S」と「GF 63mm F2.8 R WR」のセットで10000ドル以下(100万円前後)

噂されていた富士フイルムの中判カメラが本当に発表されました。中判ミラーレスはハッセルブラッドも発表しているので、どのような違いが出てくるのか気になります。
※日本国内でも発表されました。
URL:中判サイズの大型イメージセンサーと大口径レンズで圧倒的に高い質感、立体感、空気感を実現!新ミラーレスデジタルカメラシステム「GFX」新開発

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

GFX 50S

売れ筋ランキング