「RX100M5A」と「RX100M5」の違い


ソニー「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 V (DSC-RX100M5)」の違いを比較しました。

サイバーショット「RX100 V (DSC-RX100M5A)」は2018年7月3日に発表されたソニーのレンズ一体型コンパクトデジタルカメラです。ソニーは2018年6月22日に「RX100 VI (DSC-RX100M6)」を発売していますが、「RX100 V (DSC-RX100M5)」(2016年10月21日発売)の後継機は「RX100M6」ではなく、「RX100M5A」になるようです。「RX100M5A」は「RX100M5」のアップデートモデルやマイナーチェンジモデルと言える更新内容になっていると思います。新モデル「RX100M5A」と従来モデル「RX100M5」の外観・スペックを比較してみました。

【RX100シリーズ】
- RX100M6 ・・・ 24~200mm F2.8~4.5レンズを搭載
- RX100M5A ← RX100M5 ・・・ 24~70mm F1.8~2.8レンズを搭載

「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 V (DSC-RX100M5)」 1
「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 V (DSC-RX100M5)」の正面比較

「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 V (DSC-RX100M5)」 2
「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 V (DSC-RX100M5)」の背面比較

「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 V (DSC-RX100M5)」 3
「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 V (DSC-RX100M5)」の上部・上部ズーム時比較

「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 V (DSC-RX100M5)」 4
「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 V (DSC-RX100M5)」の側面(左側・右側)比較

外観・デザインの違い
  • 「RX100M5A」と「RX100M5」はほぼ同じ外観になっており、上部左側にある「RX100 V」のロゴも同じです。唯一異なる箇所は、「RX100M5」は背面右下のダイヤル下に露出補正マークとマイフォトスタイルマークがあるのに対し、「RX100M5A」は露出補正マークのみになっています。

機能の違い
  • 【画像処理エンジン】
    「RX100M5A」の画像処理エンジン「BIONZ X (ビオンズ エックス)」は、「RX100M5」の「BIONZ X」よりも処理性能が約1.8倍に向上しています。これにより、ディテール再現性(ディテールリプロダクション技術)や、暗部の解像性能、高感度性能などが向上しています。
  • 【バッファーメモリー】
    「RX100M5」は約24コマ/秒(Hiモードで画質ファイン)の連写時に150枚までの連続連写可能枚数でしたが、「RX100M5A」は同じ条件で最大233枚まで向上しました。
  • 【オートフォーカス性能】
    「RX100M5A」は瞳AFの追随性能が「RX100M5」よりも大幅に向上しています。顔が斜めを向いている時や、浅い被写界深度の場合でも高精度に瞳を検出することができます。
  • 【その他】
    「RX100M5A」は、メニュー項目を最大30個までカスタマイズ登録ができる「マイメニュー登録機能」、フォーカス枠の位置をカスタムキーに登録して撮影中に呼び出せる「フォーカスエリア登録」、横位置・縦位置撮影時で異なるフォーカスエリアとフォーカス位置が設定できる「縦横フォーカスエリア切換」、オートホワイトバランス時に「標準」「雰囲気優先(暖かみがある表現)」「ホワイト優先(白を白く表現)」の追加、RAW+JPEG記録時にJPEG画質を「エクストラファイン」「ファイン」「スタンダード」から選択、画面内の最も明るい箇所を検出して測光する「ハイライト重点測光」と画面全体の明るさを平均して測光する「画面全体平均測光」などが追加されています。



「RX100M5A」と「RX100M5」のスペック違いを比較
製品名ソニー RX100 V (DSC-RX100M5A)ソニー RX100 V (DSC-RX100M5)
発売日2018年07月13日2016年10月21日
価格11万円前後10万5000円前後
シリーズサイバーショット・RX100シリーズ
センサー1.0型(13.2×8.8mm Exmor RS CMOS 積層型)
ローパスフィルター○(予想)
画像処理エンジン向上したBIONZ X、フロントエンドLSIBIONZ X、フロントエンドLSI
画素数2100万総画素、2010万有効画素
最大記憶画素数5472×3648px
焦点距離(35mm判換算)24~70mm
焦点距離8.8~25.7mm
絞り値F1.8~2.8
レンズタイプZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ、ツァイス T*コーティング
レンズ構成9群10枚(AAレンズ3枚を含む非球面レンズ9枚)
NDフィルター○(3段分)
最短撮影距離5cm(ワイド端)、30cm(テレ端)
光学ズーム約2.9倍
デジタルズーム11倍
ISO標準:125~12800、拡張80~25600
連写Hi: 約24コマ/秒、Mid: 約10コマ/秒、Low: 約3.5コマ/秒
バッファメモリー233枚150枚
オートフォーカス方式ファストハイブリッドAF(像面位相差AF+コントラストAF)
AF-Aモード○(AF-SとAF-Cをカメラが自動切替)
フォーカスエリア「ゾーン」○(ピントを合わせたいゾーン位置を指定)
オートフォーカス速度0.05秒
測距点315点(像面位相差AF)、25点(コントラストAF)
ファインダー電子式ビューファインダー0.39型 (235.9万ドット/視野率100%/倍率0.59倍)
シャッタースピード1/2000~30秒
電子先幕シャッター
電子シャッター1/32000~30秒
サイレントシャッター
アンチディストーションシャッター
バルブ撮影
セルフタイマー2、5、10秒
撮影枚数モニター:220枚 110分、ファインダー:210枚 105分
モニター自動オフ機能
RAWARW
JPEG
TIFF
カメラ内RAW現像
RAW+JPEG○(JPEG画質を選択可能)
動画4K(3840×2160) 30p 100Mbps、フルHD(1920x1080) 60p 50Mbps
画素加算のない全画素読み出し4K動画○(約1.7倍の情報量からオーバーサンプリング)
4K動画の撮影時間約5分
ハイフレームレート/ハイスピード動画960/480/240fps(フルHD)
ファイル形式XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4
音声記録方式XAVC S: LPCM 2ch、AVCHD: Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載XAVC S: LPCM 2ch、AVCHD: Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載、MP4: MPEG-4 AAC-LC 2ch
動画機能ガンマ表示アシスト、ゼブラ、S-Log2、S-Gamut
手ぶれ補正
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様
モニター3インチ (122.8万ドット)
可動式モニターチルト(上方向180°、下方向45°)
タッチパネル
水準器
顔認識/瞳AF
英語対応○(予想)
Wi-Fi
NFC
GPS
Bluetooth
QRコード
プロキシー動画
マイメニュー登録機能
フォーカスエリア登録
縦横フォーカスエリア切換
静止画に5段階のレーティング○(★1-★5)
オートホワイトバランス(AWB)「標準」「雰囲気優先」「ホワイト優先」から選択
測光「マルチ測光」「中央重点測光」「スポット測光」「ハイライト重点測光」「画面全体平均測光」「マルチ測光」「中央重点測光」「スポット測光」
マイフォトスタイル
PlayMemories Camera Apps
起動時間約1.4秒約1.7秒
撮影タイムラグ0.07秒0.15秒
撮影間隔0.36秒0.45秒
USB充電/給電
記録メディアSDXCカード、メモリースティックSDXCカード、メモリースティック、Eye-Fi
101.6mm
高さ58.1mm
奥行き41mm
重さ272g、299g(総重量)
対応アクセサリー三脚機能付きシューティンググリップ「VCT-SGR1」
アンダーウォーターハウジング○(MPK-URX100A)
マイク端子
バッテリーNP-BX1
インターフェイスマルチ/マイクロUSB端子、USB2.0、HDMI(マイクロ)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

RX100M5A

RX100M5

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する