「70-210mm F4 Di VC USD」と「SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2」の違い


タムロン「70-210mm /F4 Di VC USD (Model A034)」と「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」の違いを比較しました。

「70-210mm /F4 Di VC USD (Model A034)」は2018年2月22日に発表されたタムロンのフルサイズ対応の一眼レフ用交換レンズです。すでに発売されている「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」と外観・スペックを比較してみました。「70-210mm F4」はズーム全域でF4を実現した「小三元レンズ」の1本、「70-200mm F2.8」はズーム全域でF2.8のプロ使用率が高い「大三元レンズ」の1本などと愛称で呼ばれます。

「70-210mm /F4 Di VC USD (Model A034)」と「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」 1
「70-210mm /F4 Di VC USD (Model A034)」と「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」の比較。※サイズ感は異なる場合があります。

「70-210mm /F4 Di VC USD (Model A034)」と「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」 2
「70-210mm /F4 Di VC USD (Model A034)」と「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」を「D850」に装着したイメージ画像。※実際に装着した画像ではありません。サイズ感は異なる場合があります。

機能の違い
  • 【焦点距離とF値】
    「70-210mm F4」は同じクラスのレンズよりもテレ端の撮影距離が10mm長くなっています。「70-210mm F4」のスペックを持ったレンズはニコンやキヤノンから昔に発売されたことがあります。「70-200mm F2.8」は「70-210mm F4」よりもF値が明るいため、大きなボケ表現や、シャッタースピードを高速にしたスポーツ撮影などに適しています。
  • 【SPレンズ】
    「70-210mm F4」はタムロンのレンズで高性能を意味する「SP(ハイパフォーマンス)シリーズ」のレンズではありませんが、「70-200mm F2.8」は「SPシリーズ」です。「70-200mm F2.8」は「70-210mm F4」よりも上位のクラスに位置付けられていると思われます。
  • 【レンズ構成】
    「70-210mm F4」は色収差を補正する「LD(異常低分散)レンズ」3枚が採用された14群20枚のレンズ構成ですが、「70-200mm F2.8」は「LDレンズ」5枚に加えて「XLDレンズ」1枚が採用された17群23枚です。「XLDレンズ」は「LDレンズ」よりも低分散で、高級レンズに採用される「蛍石」に近い特性を持つことで色収差を高度に補正することができます。
  • 【eBANDコーティング】
    「70-210mm F4」は優れた反射防止性能でゴースト・フレアを効果的に抑制する「eBAND(Extended Bandwidth & Angular-Dependency)コーティング」が採用されていませんが、「70-200mm F2.8」は採用されています。
  • 【手ブレ補正】
    「70-210mm F4」は4.0段分の手ブレ補正機構「VC」が搭載されていますが、「70-200mm F2.8」はクラス最高レベルの5.0段分です。「70-200mm F2.8」は3つの手ブレ補正モードを搭載し、バランスが取れた通常モード、流し撮り専用モード、シャッターが切れる瞬間のみ補正するモード(補正効果優先でこのモードが5段分の補正効果を実現)から選択することができます。
  • 【デュアルMPUシステム】
    「70-210mm F4」は2017年8月2日発売の「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)」から搭載され始めた「デュアルMPUシステム」が採用されています。レンズシステム制御専用の「MPU(マイクロプロセッサ)」と手ブレ補正処理専用の「MPU」が2つ搭載された新たな制御システムで、高速なデジタル信号処理ができる「DSP(Digital Signal Processor)ブロック」も内蔵されることで、優れたオートフォーカス性能と手ブレ補正の効果を実現しています。
  • 【クローズアップ撮影能力】
    「70-210mm F4」は最短撮影距離0.95m・最大撮影倍率0.32倍ですが、「70-200mm F2.8」は最短撮影距離0.95m・最大撮影倍率0.16倍です。「70-210mm F4」はテレ端での焦点距離が10mm長いなどにより、同じ最短撮影距離でもより被写体に近づいた撮影ができると思われます。
  • 【三脚座】
    「70-210mm F4」は別売りでアルカスイス互換の雲台に対応する三脚座が用意されているのに対し、「70-200mm F2.8」はアルカスイス・クイックシュー対応の三脚座が付属されています。どちらも素材にマグネシウム合金が採用されています。
  • 【防塵防滴構造】
    「70-210mm F4」は簡易防滴構造なのに対し、「70-200mm F2.8」は過酷な環境下でも安心して撮影することができる防塵防滴構造です。
  • 【サイズ】
    「70-210mm F4」は「70-200mm F2.8」より、最大径が12mm、長さが17.3mm、質量が640g、小さく軽くなっています。(キヤノン用の比較です。「70-200mm F2.8」は質量が着脱式三脚座も含んでいるのでレンズのみの比較は分かりません。)



製品名タムロン 70-210mm /F4 Di VC USD (Model A034)タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
発売日ニコン用:2018年04月02日、キヤノン用:2018年04月26日2017年02月23日
価格9万円前後13万円前後
マウントキヤノンEF、ニコンF
シリーズDiシリーズ
タイプズーム
センサーフルサイズ
レンズタイプ一眼レフ
焦点距離70~210mm70~200mm
オートフォーカス
マニュアルフォーカスフルタイムマニュアルフォーカス
AFモーターリング型超音波モーター「USD(Ultrasonic Silent Drive)」
絞りF4~32F2.8~22
絞り羽根枚数9枚(円形絞り)
電磁絞り
レンズ構成14群20枚17群23枚
XLDレンズ1枚
LDレンズ3枚5枚
eBANDコーティング
最短撮影距離0.95m
最大撮影倍率0.32倍0.16倍
画角34.21~11.46°34.21~12.21°
フィルターサイズ67mm77mm
フード付き花型
手ブレ補正機能4.0段分5.0段分(流し撮りにも対応)
防塵・防滴構造簡易防滴構造防塵防滴構造
防汚コート
インナーズーム機構
デュアルMPUシステム
三脚座別売り:Model A034TM(1万2000円)同梱
テレコンバーターレンズ○(Model TC-X14:1.4倍、Model TC-X20:2倍)
TAMRON TAP-in Console
最大径76mm88mm
長さキヤノン:176.5mm、ニコン:174mmキヤノン:193.8mm、ニコン:191.3mm
重さキヤノン:860g、ニコン:850gキヤノン:1500g、ニコン:1485g(着脱式三脚座を含む)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

70-210mm /F4 Di VC USD

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する