「Galaxy Note10+」と「Xperia 5」の違い


サムスン電子(Samsung Electronics)

サムスン「Galaxy Note10+ (ギャラクシー・ノート・テン・プラス、SCV45、SC-01M)」とソニー「Xperia 5 (エクスペリア・ファイブ、SOV41、SO-01M)」の違いを比較しました。

「Galaxy Note10+」はサムスンのスマートフォンです。ソニーの「Xperia 5」と外観・スペックを比較してみました。どちらもハイスペックなフラッグシップモデルです。

「Galaxy Note10+」と「Xperia 5」 1
「Galaxy Note10+」と「Xperia 5」の正面比較

「Galaxy Note10+」と「Xperia 5」 2
「Galaxy Note10+(海外モデル)」と「Xperia 5」の背面比較

「Galaxy Note10+」と「Xperia 5」 3
「Galaxy Note10+」と「Xperia 5」の側面(右側・左側)比較


外観・デザイン
  • 【サイズ】
    「Galaxy Note10+」は6.8インチ(3040x1440)のディスプレイに対し、「Xperia 5」は6.1インチ(2520x1080)です。本体は「Galaxy Note10+」が「Xperia 5」より、幅が9.2mm、高さが4.3mm、質量が32g、大きく重いサイズになっています。
  • 【ディスプレイ】
    「Galaxy Note10+」は正面カメラがディスプレイ内に収められた「パンチホール型デザイン」を採用し、ディスプレイの両サイドはカーブした形状の「エッジディスプレイ」です。「Xperia 5」は超縦長のディスプレイ比率「21:9」を採用し、「16:9の横画面」と「9:16の縦画面」の2画面を同時表示するマルチウィンドウが可能です。
  • 【生体認証】
    「Galaxy Note10+」は「指紋認証」と「顔認証」、「Xperia 5」は「指紋認証」に対応しています。「Galaxy Note10+」は「超音波指紋センサー」がディスプレイに内蔵され、ディスプレイ上の指紋センサーエリアをタッチすることで超音波が指紋を読み取ります。「Xperia 5」は右側サイドに、電源ボタンとは別に、指紋センサーが設置されています。

機能・特徴
  • 【スタイラスペン】
    「Galaxy Note10+」はスタイラスペン「Sペン」に対応しています。「Sペン」は本体右下の底部に収納できます。「Sペン」は「Bluetooth Low Energy(BLE)」を利用して本体をリモート操作することや、「ジャイロ・加速度センサー」で本体をジェスチャー操作することなどが可能です。「テキストエクスポート」機能を利用すれば、手書きの文字をテキスト化することができます。
  • 【カメラ構成】
    「Galaxy Note10+」は背面がクアッドカメラ(4つ)に対し、「Xperia 5」はトリプルカメラ(3つ)です。「超広角カメラ」+「標準/広角カメラ」+「望遠カメラ」の構成は同じですが、「Galaxy Note10+」は「被写体の測定」や「3Dスキャナー」機能などが利用できる「デプスビジョンカメラ(被写界深度測定用カメラ)」が追加して搭載されています。
  • 【カメラ機能】
    「Galaxy Note10+」は、「超広角カメラ」の画角がより広く、ハイスピード動画は960fpsに対応、「標準/広角カメラ」のF値を「F1.5」か「F2.4」で切り替え可能、動画時の背景ぼかし「ライブフォーカスビデオ」などに対応しています。「Xperia 5」は、αカメラにも採用されている「瞳AF」機能、AF/AE追従で約10コマ/秒の連写撮影、撮影失敗のミスショットを通知してくれる画像解析技術の「撮影アドバイス」機能などが利用可能です。
  • 【容量】
    「Galaxy Note10+」はRAMが12GB・ストレージが256GB・microSDカードが1TBまで対応・バッテリー容量が4300mAhに対し、「Xperia 5」はRAMが6GB・ストレージが64GB・microSDカードが512GBまで対応・バッテリー容量が3000mAhです。「Galaxy Note10+」は国内で発売されている現行のスマートフォンでは最大級の大容量を扱うことができます。
  • 【その他】
    「Galaxy Note10+」は、「ワイヤレス充電」や、他末端をワイヤレス充電できる「ワイヤレスパワーシェア」、外部モニターにPC風の画面を表示する「DeXモード」機能が搭載されています。「Xperia 5」は、不安定なWi-Fi環境を予測してLTEに自動切り替えするディープラーニング技術活用の「スマートコネクティビティ」や、「ワンセグ・フルセグ」機能が利用できます。



「Galaxy Note10+ (ギャラクシー・ノート・テン・プラス、SCV45、SC-01M)」と「Xperia 5 (エクスペリア・ファイブ、SOV41、SO-01M)」のスペック違いを比較
製品名サムスン Galaxy Note10+ソニー Xperia 5
発売日2019年10月18日au&ソフトバンク: 2019年10月15日、ドコモ: 11月1日
予想価格256GB: 11万円前後64GB: 9万円前後
キャリアドコモ、auドコモ、au、ソフトバンク
シリーズギャラクシー・ノート(GALAXY Note)エクスペリア(Xperia)
発売時のOSAndroid 9.0
SoC(プロセッサー)CPU: Snapdragon 855 オクタコア (1x2.8GHz+3x2.4GHz+4x1.7GHz)
ストレージ256GB64GB
メモリーカードmicroSDXC(1TB)microSDXC(512GB)
RAM12GB6GB
モニター6.8インチ、Quad HD+/QHD+(3040x1440ドット)、比率19:9、DCI-P3 100%、498ppi、最大輝度1,200ニト、2,000,000:1 コントラスト比6.1インチ、フルHD+(2520x1080ドット)、比率21:9、DCI-P3 100%
パネル有機EL(Dynamic AMOLED)、ブルーライト低減(TUV Rheinland認証)、Cinematic Infinity-O ディスプレイ有機EL HDR OLED、シネマワイド(Cinema Wide)ディスプレイ、X1 for mobile
HDR動画再生HDR10+○(標準規格SDRの映像をHDR相当に変換するHDRリマスター機能に対応)
ディスプレイ特長デュアルエッジスクリーン(ディスプレイの左右がカーブ)、中央のパンチホール型デザイン(穴開き画面)クリエイターモード(マスターモニター: ITU-R BT.2020の広色域、10bit相当の階調、D65のホワイトポイント)
生体認証指紋認証(ディスプレイ内に設置: 超音波指紋センサー)、顔認識指紋認証(右側面に設置、電源ボタンと独立)
防水・防塵機能IP68、Gorilla Glass 6IP65/68(IPX5・IPX8/IP6X)、Gorilla Glass 6
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
NFC
FeliCaチップ○(おサイフケータイに対応)
GPS
テレビワンセグ、フルセグ
背面/アウトカメラ1600万画素 1/3.1型 123° 13mm F2.2 (超広角)+1200万画素 デュアルピクセル 1/2.5型 77° 26mm F1.5とF2.4で切替可 (標準/広角)+1200万画素 1/3.5型 45° 52mm F2.1 (望遠)+被写界深度測定用 VGA解像度 (ToFカメラ)1220万画素 1/3.4型 130° 16mm F2.4 (超広角)+1220万画素 1/2.6型Exmor RS 78° 26mm F1.6 (標準/広角)+1220万画素 1/3.4型 45° 52mm F2.4 (望遠)
光学式手ブレ補正標準&望遠レンズ標準&望遠レンズに光学&電子式のハイブリッド手ブレ補正(OIS&EIS)
ズーム光学: 2倍ズームイン&アウト(0.5倍)、デジタル: 10倍ズーム光学: 2倍ズームイン&アウト、デジタル: 5倍ズーム
オート機能インテリジェントカメラ(AI機能によるシーン判別機能: 30の主なテーマを認識)プレミアムおまかせオート(13種類のシーンと4つのコンディションを自動選択)
動画機能4K UHD 60p、HDR10+動画撮影、タイムラプス、ライブフォーカスビデオ、スーパー手ブレ補正、Video Editor4K(3840x2160)、4K HDR、Cinema Pro/シネマプロ(24fps 21:9、Look: 色相・画作りのプリセット)
スローモーション撮影機能960fps120fps
正面/インカメラ1000万画素 1/3.2型 80° F2.2800万画素 1/4型 84° 23mm F2.0
カメラ機能クイック測定(被写体の測定が可能)、3Dスキャナー、AR機能、ナイトモード、デュアル・アパチャー(可変絞りレンズ)、ライブフォーカス(背景ぼかし)、オーディオズームRAWノイズ低減処理、瞳AF、AF/AE追従:10コマ/秒、ボケエフェクト、BIONZ X for mobile、先読み撮影、撮影アドバイス機能(ミスショットの通知)、ポートレートセルフィー、3Dクリエイター/3D撮影機能
バッテリー容量4300mAh3000mAh
急速充電USB PD 3.0(USB power delivery)、45W、QC2.0とAFCUSB PD 3.0、STAMINAモード、いたわり充電
ワイヤレス充電Qi、Fast Wireless Charging 2.0、WPCとPMA、Wireless PowerShare(ワイヤレス充電対応の他末端などを充電)
コネクターUSB Type-C
3.5mmヘッドホンジャック
オーディオAKGによってチューニングされたステレオスピーカー(Dolby Atmos対応)ステレオスピーカー(Dolby Atmos対応)
ハイレゾ○(aptX HD、LDAC、DSEE HX、LPCM、FLAC、ALAC、DSD)
スタイラスペン6軸センサー(ジャイロと加速度含む)、Sペンリモコン(Bluetooth対応)、エアアクション機能(ジェスチャー操作)、テキストエクスポート機能、画面オフメモ、4096段階の筆圧、IP68(予想)、105.08x5.8x4.35mm 3.04g、てがき手帳(ドコモ限定)
その他ゲームブースター、Knoxセキュリティプラットホーム、サムスンDeXモード、ベイパーチャンバー冷却システム、Bixby Vision、Bixby Voiceゲームエンハンサー(DUALSHOCK4全機能に対応)、サイドセンス、スマートコネクティビティ(Wi-FiとLTEを自動切り替えして最適な通信環境を保つ)、ダイナミックバイブレーションシステム(映像コンテンツに合わせてスマホを振動)
各種センサー加速度、照度、気圧、近接、地磁気、ジャイロ、ホール未確認
77.2mm68mm
高さ162.3mm158mm
奥行き/厚み7.9mm8.2mm
質量/重さ196g164g
カラーオーラブラック、オーラグロー(au)、オーラホワイト(ドコモ)ブルー、グレー、レッド、ブラック(ドコモ&au)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

Galaxy Note10

Xperia 5

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する