マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入しました。


マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入しました。

ニコンF→マイクロフォーサーズ用のマウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビューについて掲載しています。

ニコンFマウントのレンズがマイクロフォーサーズ機に装着できるマウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入しました。

価格はAmazonで2,980円でした。非常に安いです。「KERNEL」はたぶん中国のメーカーだと思われます。
マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビュー 1

箱の裏側にはマウントアダプターの着脱方法が記載されています。固定用のピンを押して右回りに回転させると取り外せるようです。
マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビュー 2

箱を開けて開封すると、黒い袋と透明の袋に入った本体が出てきます。品質が良さそうです。
マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビュー 3

2,980円とは思えないほどしっかりした作りのマウントアダプターだと思います。
マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビュー 4

電子接点は何もないシンプルなマウントアダプターです。
マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビュー 5

金属ピンを赤矢印の方向に押した状態でレンズの着脱ができます。しっかり押して回転させないとレンズを外すことができません(レンズが取り外せなくなったと焦ります)。
マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビュー 6

マイクロフォーサーズ機に「KERNEL NF-m4/3」だけ取り付けてみます。
マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビュー 7

そもそも何故、ニコンFマウントレンズをマイクロフォーサーズ機に取り付ける際にこのようなマウントアダプターを装着しなければいけないのかおさらいしてみます。

レンズにはそれぞれ、レンズを取り付けるマウント部分からセンサー部分まである一定の距離があることで適切な画質で得られるように設計されています。ニコンFマウントレンズは46.5mmの距離があるように作られており、この距離を無視して無理矢理マイクロフォーサーズ機に装着しても適切な画質が得られません。マウントアダプターはこの距離を作ることで、ニコンFマウント機に装着しているかのような状態をマイクロフォーサーズ機に作りだすことができます。
マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビュー 8
マウント部分からとセンサー部分までの距離がマウントアダプターを装着することで同じになっています。

それではレンズを装着してみます。取り付け時の回転がとても固いです。
マウントアダプター「KERNEL NF-m4/3」を購入したレビュー 9

「Ai Nikkor 45mm F2.8P」に装着して撮影してみましたが、問題なく撮影できます。絞りリングも動作させることが可能です。次に「AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED」を装着してみましたが、このアダプターは絞りの操作に対応していませんorz。ニコンGレンズは通常の状態が最大まで絞られている状態なので、「AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED」の場合は常にF32で撮影することになります。

なぜか装着するまで全く気が付きませんでした。今から購入を考えている方は、取り付けたいレンズに絞りリングが搭載されて、レンズ自体で絞りが変えられるレンズなのか確認したほうがいいです。もしそうでない場合は、絞り操作が可能と記載されているマウントアダプターを購入しないと適切な撮影ができません。

確認ミスで使えるレンズが1つだけですが、「KERNEL NF-m4/3」そのものの作りや精度は高く、値段も安いのでとても満足です。参考になれば幸いです。


ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

KERNEL NF-m4/3

デジタル一眼 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する