LEICA M モノクローム TYP246 ボディ

2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したライカのモノクロ撮影専用デジタルレンジファインダーカメラ

価格 :
¥1,155,000
総合評価 : レビューはありません。
発売日 :
2015年05月29日
メーカー
ライカ
仕様表 :
JAN/EAN :
4548182109303
順位 価格 ポイント還元価格 送料 品名 コメント/ショップ

1位
¥1,155,000
¥1,143,450
ポイント:11,550
無料 Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246) 10930
モノクロ専用のM型ライカです。最高品質のモノクロを…
二子玉川 蔦屋家電 ヤフー店
shopping.yahoo.co.jp
Web Services by Yahoo! JAPAN Supported by 楽天ウェブサービス
※当サイトは販売を行っていません。Amazon.co.jp、ヤフーショッピング、楽天市場のアソシエイト・プログラムを利用して価格情報を表示しています。
※中古商品や訳あり品など商品と異なるものが含まれている場合があります。商品について万全を期すことはできません。
※最新の価格や在庫状況、商品が正しいかや詳細な製品情報などは直接ショップでお確かめ下さい。
※Amazon.co.jp - Amazonポイント(1ポイント=1円)、ヤフーショッピング - Tポイント(1ポイント=1円)、楽天市場 - 楽天ポイント(1ポイント=1円)で換算しています。


エンジニアの嗜みにモノクロ画像について詳しく掲載されています。 モノクロ画像の場合は倍率色収差が問題になってくるらしく、倍率色収差がそのまま明るさの情報として取り込まれて補正もできないのでシャープさが失われてしまうらしいです。 確かに色収差がある画像をモノクロ化したら色がないから紫色とか青色の色収差とかパープルフリンジのようなものはどれだかよく分かりませんね。これだとソフト補正もできないだろうし、凄くいいレンズを使って色収差が出ないようにしないと高画質なモノクロ画像は撮影できないかも。 だからソニーは色収差が多い周辺部をカラーで撮影→補正→モノクロ化するという特許を出願しているみたいです。 Foveonとかベイヤーとかセンサーにもタイプがあったり難しいです。。 http://egami.blog.so-net.ne.jp/2016-01-18
情報屋さん (2016年01月18日)