FUJIFILM X-H1 ボディ

2430万画素のAPS-CサイズX-Trans CMOS IIIセンサー、ボディ内手ブレ補正を搭載した富士フイルムのミラーレスカメラ

価格 :
¥91,770
総合評価 : レビューはありません。
発売日 :
2018年03月01日
メーカー
富士フイルム
仕様表 :
JAN/EAN :
4547410365801
スレッドの一覧
新規口コミする
返信数(0件)  対応商品:FUJIFILM X-H1 ボディ 最終更新日時:2020年04月13日12:18
THE MAP TIMESに富士フイルムのインタビューが掲載されています。
X-HシリーズはX-Tシリーズに統合されるかも?という噂がありましたが、それは違うようです^^

どちらも違うコンセプトで継続するとのこと!
ただ、記事を読む限りは統合する案も社内にはあったのかもと思いました。
今はカメラ市場が厳しいけど富士フイルムの体力を期待しています!!
X100Vは売れ行き好調らしいので嬉しいです(*^^*)

https://news.mapcamera.com/maptimes/%E3%80%90fujifilm%E3%80%91x-t4-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-vol-1/
情報屋さん (2020年04月13日12:18)
返信する
返信数(1件)  対応商品:FUJIFILM X-H1 ボディ 最終更新日時:2020年02月23日11:58
fujiaddictに富士フイルム新製品の噂が掲載されています。
どうやらX-H1の後継機は登場しない可能性があるようです。

ですが、その代わりにX-T3の後継機にボディ内手ブレ補正が搭載されるとのことです^^
個人的にこれは凄くいい判断だと思うし、ラインナップがより整理できると思います!
重要なのはX-T4がボディ内手ブレ補正搭載のために大型化しないことですね(汗)
X-T4は6K 60p 10bitの内部記録ができると記載されているけどこれはさすがに無理では。。?
もし本当にできるなら富士フイルムの技術を知らしめる超弩級のムービーカメラになりそうですね(*^^*)
カメラ市場が盛り上がる1台を期待しています!!!

https://fujiaddict.com/2019/11/21/fujifilm-x-t4-details-and-x-h2-may-never-come/
情報屋さん (2019年11月22日12:11)
X-Hシリーズについて最新の情報が掲載されました。
X-H2はX-T4に置き換わるという噂があったけど、どうやらX-H2は登場しそうとのことです^^
ただ、今年中にX-H2が発表される可能性は少なそうです。
個人的には、X-T4のグリップがX-Hシリーズのように大型ではなかったのが気になりました。
大型グリップの重要性を富士フイルムも理解していると思うのできっとX-H2は発表されると思います!
新センサーと画像処理エンジンを搭載した凄いカメラになって欲しいです。

https://www.fujirumors.com/we-repeat-fujifilm-x-h2-will-come-but-not-in-2020/
情報屋さん (2020年02月23日11:58)
返信する
返信数(2件)  対応商品:FUJIFILM X-H1 ボディ 最終更新日時:2018年05月09日23:15
海外のカメラサイトが早速FUJIFILM X-H1のサンプル画像を公開しています。
JPEGはオリジナルサイズで、RAWもダウンロード可能です!

富士フイルムは絵に深みがあって、本当に絵作りが上手いですね^^
基本的な画質はX-T2やX-Pro2と変わっていないと思うけど、よりカメラのシーン認識が良くなっていれば嬉しいです。
X-H1はとにかくボディ内手ブレ補正の効きが気になっているので早く試してみたいです!!
いきなり5段分の補正効果なんて富士フイルムの技術者は素晴らしいですね。
X-H1以外にもどんどんボディ内手ブレ補正が搭載されることを期待しています。

https://www.dpreview.com/samples/1566509256/fujifilm-x-h1-sample-gallery
http://www.photographyblog.com/previews/fujifilm_x_h1_photos
情報屋さん (2018年02月16日14:14)
マップカメラのKASYAPAにはレビューと素晴らしい作例が掲載されています。
富士フイルムの色表現は本当に最高でフィルムシミュレーションはなんて良い機能なんでしょうか^^
個人的にはVelviaの描写が特によく見えてドアから入ってくる光りが見事に表現されています。
新しく追加されたETERNAで撮影した写真は映画のワンシーンを切り出したような雰囲気で凄く使ってみたいです!!
この画質をボディ内手ブレ補正が搭載されたカメラで楽しめるのは凄く贅沢だと思います(*^^*)
JPEG撮って出しで一番のパフォーマンスを発揮するカメラは富士フイルムかもしれませんね!

https://news.mapcamera.com/KASYAPA.php?itemid=31318
情報屋さん (2018年03月02日23:21)
デジカメWatchにレビューと作例が掲載されました。
RAWはありませんが、オリジナルサイズのJPEGと4K動画が見れますよ!
富士フイルムは優秀なフィルムシュミレーションがあるから色々な描写が楽しめていいですね^^
個人的にクラシッククロームがフィルムカメラで撮影したような雰囲気でとても気に入りました。
フィルムを作っていたメーカーならではの機能で素晴らしいと思います!!
ボディ内手ブレ補正は初搭載機なのにかなり良好みたいで、第二弾第三段でさらにユーザーの要望を取り入れて進化しそうです。
手持ちで動画もバンバン撮影できるようになってさらに撮影が楽しくなりそうです(*^^*)

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/1115136.html
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/1115132.html
情報屋さん (2018年05月09日23:15)
返信する
返信数(1件)  対応商品:FUJIFILM X-H1 ボディ 最終更新日時:2018年03月14日13:57
DPReviewがYouTubeにフィルムシュミレーションのETERNAで撮影した動画をアップしています。
エテルナは映画用撮影フィルムをシミュレートしたものらしいけど、個人的にあまり良く知りません。。
なので、4K解像度にして見て画質が綺麗だなぁというのが第一印象です(笑)

DPReviewの動画より、富士フイルムが公開している安達祐実さんの動画のほうがエテルナの効果が分かりやすいかも。
フィルムっぽい独特な味わいがあって雰囲気バッチリの動画ですね^^
フィルムメーカーだからこそ作れる画質だと思うので、動画機として富士フイルムのカメラが選ばれることが多くなれば嬉しいです!!
オリンパスのイメージキャラクターが宮崎あおいさんなら、富士フイルムは安達祐実さんになればさらにカメラが人気になるかも(*^^*)

https://www.youtube.com/watch?v=xdKtv6KLxII
https://www.youtube.com/watch?v=Kk_da9BCCBI
情報屋さん (2018年02月16日14:48)
デジカメWatchにはETERNAとPROVIAで撮り比べた動画が掲載されています。
ETERNAは発色がPROVIAに比べて抑えられていて、自然な描写ですね!
フィルムシュミレーションモードの撮り比べ動画も掲載されているので参考になります。
HDでの120pスローモーション動画は画質が良くていい感じです^^
気になったのは、シャッターの半押しにあまりクリック感がないらしいです。
X-H1のシャッター感覚は富士フイルムがアピールしていたし、それが良いという人もいるので何とも評価が難しいですね。。
個人的には少しクリック感があったほうが気持ちのいいシャッター感覚になると思います。
逆スイッチという一番間違えたくない動画のミスもあるようなので、確かにこれは気をつけたいです。
動画は記事の下のほうにYouTubeの埋め込みで掲載されています。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/1111394.html
情報屋さん (2018年03月14日13:57)
返信する
返信数(1件)  対応商品:FUJIFILM X-H1 ボディ 最終更新日時:2018年03月08日23:13
imaging-resourceにX-H1とEOS 7D Mark IIとGH5とα6500の高感度性能を比較した画像が掲載されています。

X-H1はこの中でダントツにノイズがクリアでディテールも豊富ですね!!
GH5はノイズは少ないけどディテールがかなりなくなっています。
レンズの描写性能での差も出てくるから簡単に比較はできないかも。
その次にα6500、EOS 7D Mark IIの順だと思います。
FUJIFILM X-H1はISO 6400でも問題なく使えてAPS-C機で最強の画質を持ったカメラかも^^
動画でもスチルと同じように画質重視で素晴らしい映像表現ができるといいですね!

https://www.imaging-resource.com/news/2018/03/04/good-iso-6400-images-with-aps-c-check-out-our-fuji-x-h1-first-shots
情報屋さん (2018年03月06日14:31)
dpreviewのスタジオツールにX-H1が追加されました!
これでライバル機と画質が比較し放題ですよ^^

α6500とEOS 7D Mark IIとD500で比べてみました。
ISO6400ではノイズは一番抑えられていると思います!!
シーンによってはD500のほうがいいところもあるかも。
X-H1>D500>α6500>EOS 7D Mark IIの順に高感度性能はよく見えます。
D500はRAWの画質が結構良くてビックリです。
α7S IIやGH5Sは画像のサイズがそもそも小さいから比較は難しいけど、α7S IIの高感度性能はかなり良いのは間違いないと思います。
センサー性能がどんどん進化するのが楽しみです(*^^*)

https://www.dpreview.com/reviews/image-comparison
情報屋さん (2018年03月08日23:13)
返信する
返信数(0件)  対応商品:FUJIFILM X-H1 ボディ 最終更新日時:2018年03月04日21:10
YouTubeにFUJIFILM X-H1とGH5の手ブレ補正を比較した動画がアップされています。

GH5は歩いていてもブレをちゃんと補正しているのでいい感じです。
X-H1は歩きながらだと少し不自然な動きがあるので手ブレはGH5のほうが良さそうです。
オートフォーカスに関してはX-H1のほうが良好でピントが合い続けています。
GH5は空間認識AFだから圧倒的に優れていると思ったのに違うのかな。。?
テスト方法が異なれば違う結果になったかも。
X-H1は120fpsでもオートフォーカス対応みたいなので富士はどんどん動画に強くなりますね^^
スチル撮影でも像面位相差AFの高速オートフォーカスができそうです!

https://www.youtube.com/watch?time_continue=350&v=HRYRhv58iyQ
https://www.fujirumors.com/fujifilm-x-h1-vs-panasonic-gh5-autofocus-ibis-compared/
情報屋さん (2018年03月04日21:10)
返信する
返信数(2件)  対応商品:FUJIFILM X-H1 ボディ 最終更新日時:2018年02月17日23:14
富士フイルムが公式のYouTubeに手ブレ補正テスト動画をアップしています。

動画を見る限りは補正効果が絶大でこれは素晴らしいです!
手ブレ補正のONとOFFを比較して動画撮影したものを見ると、明らかにONではブレが抑えられています。
ビックリなのがスタビライザーにX-H1を搭載してさらに手ブレ補正をONにした動画で、もの凄く滑らかにスムーズな動画になっています。
テレビで見る資料映像のような感じで、これなら動画撮影がさらに楽しくなりますね!!!
4K動画と一緒にボディ内手ブレ補正を使えるかどうかはまだチェックできていないので気になります。
ニコンもキヤノンも早くボディ内手ブレ補正を搭載して欲しいです^^

https://www.youtube.com/watch?v=q9UsSwJTK0g
情報屋さん (2018年02月16日14:22)
keith weeさんという写真家のサイトにFUJIFILM X-H1のレビューが掲載されています。

驚きなのが、XF35mm F1.4を装着してF16で5秒の手持ち撮影に成功したとのことです!!
手持ちで5秒ってもの凄いボディ内手ブレ補正の効果ですね^^
53mm相当のレンズでこれだけの補正効果なら、広角ではもっとブレを抑えられるし望遠レンズでも素晴らしい効果が期待できそうです。
OM-D E-M1 Mark IIとどっちのボディ内手ブレ補正が優秀か比較してみたいです(*^^*)
記事には作例も掲載されていて富士フイルムらしい極上の写りです。
早くハンズオンしてX-H1を試してみたいです!!!

https://keithwee.com/portfolio/heralding-the-next-step-of-evolution-the-fujifilm-x-h1-review-in-2000-words-and-a-ton-of-sample-images/
情報屋さん (2018年02月17日13:03)
さらにX-H1のボディ内手ブレ補正についてテストした動画がアップされています。
歩いている人を手持ちで追いながら撮影している動画のようで、焦点距離別に比較できます。
広角ではよく補正されているけど、望遠になるにつれてブレが大きくなりますね。
資料映像のように完全にブレは補正されていないから、スタビライザーも使用したほうが良さそうです。
富士フイルムの公式がスタビライザーを使った動画をアップしているくらいだから、X-H1のボディ内手ブレ補正はまずスチルが第一なのかもしれません。
でも初めてのボディ内手ブレ補正でこの性能だから、ファームウェアの更新でさらに良くなったりすると嬉しいです!!
発売まで少し時間があるし、さらに洗練されたボディ内手ブレ補正になればいいですね^^

https://www.youtube.com/watch?v=cEdhgq5t39I
情報屋さん (2018年02月17日23:14)
返信する
返信数(0件)  対応商品:FUJIFILM X-H1 ボディ 最終更新日時:2018年02月16日13:48
ephotozineがYouTubeにFUJIFILM X-H1の連写動画をアップしています。

シャッター音はかなり小さくて音が静かですね!!
軽快で気持ちがいい音だし、これだけでX-H1がいいカメラなのが分かります^^
グリップが大きくなってシャッターボタンが押しやすそうだし撮影していて楽しそうです。
カメラはしっかり構えられると気合いが入るので、X-H1も撮影者を本気にさせてくれそうですね!
レンズを装着したらもっとシャッター音は小さくなると思います。
早くハンズオンしてみたいです(*^^*)

https://www.youtube.com/watch?v=ziaUvsEMj2Y
情報屋さん (2018年02月16日13:48)
返信する
口コミについて