『THETA Vの屈曲光学系が凄い仕組み!!!』へ返信口コミを投稿


ホーム
投稿フォーム

RICOH THETA V

1200万画素の1/2.3型CMOSセンサーを2つ搭載、4K動画に対応したリコーの全天球カメラ

総合評価 : レビューはありません。
価格 :
¥64,200
発売日 :
2017年09月15日
メーカー
リコー
仕様表 :
JAN/EAN :
4961311919947
ITmedia LifeStyleにTHETA Vのカットモデルが掲載されています。

THETAは屈曲光学系という技術を使ってレンズ2枚とセンサー2枚の厚みを薄くしているようだけど、その技術が凄く面白いです!
両側に付けられた2つのレンズの中央にセンサーがあると思っていましたが、なんとセンサーは中央の上下というか横向きに設置されています。
センサーがあると思っていた位置にはプリズムが設置されていてセンサーに向けて光を反射する構造のようです。
YouTubeに分かりやすい動画がアップされていました^^
技術者の発想ってとんでもないですね!!
カメラは光学技術の塊で最高だと思います(*^^*)

https://www.youtube.com/watch?v=IadhW9iFJV8
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1711/13/news112.html
情報屋さん (2017年11月14日13:37)
返信する
内容
※タグやURLが含まれた投稿は削除されます。URLは限定ユーザーのみ投稿できます。
ハンドルネーム
画像ファイル (1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


※口コミは承認後に公開されます。