カメラ
レンズ交換式カメラ
キヤノン(Canon)
EOS Kiss M ボディ (ブラック)

EOS Kiss M ボディ (ブラック)

2410万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したキヤノンのミラーレスカメラ

価格 :
¥62,109
総合評価 : レビューはありません。
発売日 :
2018年03月23日
メーカー
キヤノン
仕様表 :
JAN/EAN :
4549292109184
スレッドの一覧
14件ヒット 11~14件目
新規口コミする
返信数(1件)  対応商品:EOS Kiss M ボディ (ブラック) 最終更新日時:2018年04月18日13:16
canonrumorsにキヤノンのフルサイズミラーレスのプロトタイプのスペック情報が掲載されています。
ただし信憑性は最も低いCR1です。

トップにサブモニター、横開きの液晶モニター、デュアルピクセルCMOS AF搭載でEOS 5D Mark IVのセンサーのアップグレード版、10コマ/秒、サイレント撮影と1/16000秒のシャッタースピード対応、デュアルSDスロット、C-Logや4K 60pやフルHDで120fpsに対応などがスペックになっているようです!

質量は軽くはないけどα7に近いみたいなので600gくらいかなと予想します。
個人的には上部のサブモニター搭載がキヤノンの本気度を伺えてかなりいい感じのカメラになりそうな気がします^^
一番肝心のマウントが何マウントなのか分からないので早く追加情報が知りたいです!!
たぶんEF-Mマウントに搭載してくると予想しています。
さらに追加情報によると日本経済新聞にはキヤノンとニコンが2018年後期にフルサイズミラーレスを発表すると記載されているようです。
ということは9月のフォトキナで発表されるのかな?
もしそうならフォトキナの盛り上がりは凄いことになりそうですね(*^^*)

http://www.canonrumors.com/here-are-some-claimed-specifications-for-one-of-the-prototype-canon-full-frame-mirrorless-cameras-cr1/
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO28850970R30C18A3EA4000/
情報屋さん (2018年04月01日12:36)
追加情報が掲載されました。
キヤノンはフラッグシップのフルサイズミラーレスを1台発表した後に、下位クラスのフルサイズミラーレスをもう1台発表するらしいです。
気になるのがマウント情報で、キヤノンはEFレンズを使うための本当にナイスなソリューションを持っているとのこと!!
つまりフルサイズミラーレスのマウントはEFマウントではないということですね!
信憑性はそこそこ高い情報なのでこれは気になります。
マウントアダプター以外で良い解決方法なんてあるのでしょうか?
さらなる噂情報が楽しみです^^

http://www.canonrumors.com/two-prosumer-mirrorless-camera-bodies-in-development-cr2/
情報屋さん (2018年04月18日13:16)
返信する
返信数(0件)  対応商品:EOS Kiss M ボディ (ブラック) 最終更新日時:2018年04月08日12:59

新しいチルト液晶
canonnewsがキヤノンの新しい可動式モニターの特許を掲載しています。

これなら上下だけでなく左右のサイド可動もできますね!!
バリアングルだと光軸がずれるけど、これならその心配はなさそうです。
かなり良いモニターだと思うので是非とも実現して欲しいです^^
富士フイルムが3方向チルト式液晶という面白い可動式モニターを実現しているし、チルト式はまだまだ進化の余地があると思います。
フルサイズミラーレス機に搭載されていたら最高です!

https://www.canonnews.com/canon-patent-application-new-tilt-screeen-mechanism-for-eos-m-cameras
情報屋さん (2018年04月08日12:59)
返信する
返信数(0件)  対応商品:EOS Kiss M ボディ (ブラック) 最終更新日時:2018年04月03日13:25
dpreviewがEOS Kiss Mに新しく採用されたRAWファイルのCR3をテストしています。
非圧縮RAWと圧縮RAW(C-RAW)の比較が画像を見て確認できます。

比較ツールはカーソルを合わせるだけで画像が切り替わるけど、どちらもほぼ違いがないので最初は壊れているのかと思いました(汗)
つまり、C-RAWはファイルサイズを30~40%も小さくできるのにほぼ非圧縮RAWと変わらない画質でかなり良いということですね^^
シャドウ部のノイズについてはC-RAWのほうが画質劣化しています。ただ、違いはかなり小さく見えます。
空を撮影してもあまり変わりがないけど、非圧縮RAWのほうがダイナミックでわずかにアドバンテージがあるとのことです。
「Uncompressed Raw」と「Compressed Raw」をクリックするとJPEGでオリジナルサイズが見れて画質の比較ができます。
でもdpreviewが言うように違いはほぼ確認できなくて、シャープネスやディテールも変わらなく見えます。
キヤノンは素晴らしいRAWフォーマットを作ったのでRAWでガンガン連写できますね!!
あとはアドビ製品みたいに軽快に現像できるRAW現像ソフトがメーカー純正でどんどん登場することを期待しています!

https://www.dpreview.com/articles/0483301097/quick-look-canons-new-compressed-raw-format
情報屋さん (2018年04月03日13:25)
返信する
返信数(0件)  対応商品:EOS Kiss M ボディ (ブラック) 最終更新日時:2018年02月27日17:36
ePHOTOzineがYouTubeにEOS Kiss Mの連写動画をアップしています。
海外ではEOS M50の名称です。

レンズありとレンズなしでシャッター音比較が出来て、レンズありのほうが静かですね!
EOS Kiss Mはサイレントモードにも対応しているようだからシャッター音に配慮したい場合はいいですね。
コンパクトでサイズ感が良くて入門機として人気になりそうです。
オートフォーカス性能が一眼レフと比べてどうなのかチェックしたいかも^^

https://www.youtube.com/watch?v=ZKu9p4hsLT8
https://www.youtube.com/watch?v=N0asqSGFUc0
情報屋さん (2018年02月27日17:36)
返信する
14件ヒット 11~14件目
口コミについて