キヤノン、エントリー向けミラーレス「EOS M10」を10月29日に発売


キヤノンは、エントリー向けのミラーレスカメラ「EOS M10」を10月29日に発売すると発表しました。

キヤノン:ボディーを自分好みにコーディネートできるミラーレスカメラ“EOS M10”と小型・軽量の標準ズームレンズ“EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM”を発売
  • キヤノンは、小型・軽量設計のミラーレスカメラ「EOS M10」を発売する
  • すでに発売しているEOS M一桁の下位にあたるエントリーシリーズ
  • コンパクトデジタルカメラやスマートフォン撮影からのステップアップユーザーに最適
  • 1800万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、映像エンジンは最新のDIGIC6
  • 自分撮り可能な上方向に約180°可動するタッチパネル対応のチルト式液晶モニター
  • ボディ単体でリンゴ約1個分の301g
  • Wi-FiやNFCに対応してスマートフォンと連携可能
  • カラーバリエーションが豊富なフェイスジャケットやグリップのアクセサリー
  • カラーはホワイト、グレー、ブラックの3色
  • 販売形式と価格は、EOS M10 ボディが46000円前後、EOS M10 EF-M15-45 IS STMレンズキットが62000円前後、EOS M10 ダブルレンズキット(EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMとEF-M22mm F2 STM)が77000円前後、EOS M10 ダブルズームキット(EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMとEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM)が90000円前後

フェイスジャケットやグリップなどのアクセサリーは装着すると雰囲気が変わるので、27通りのコーディネートパターンは面白そうです。Wi-Fi・NFC対応の自画撮りが可能で、カラーバリエーションやレンズキットの種類も豊富なので入門向けカメラとして人気が出そうな印象です。

基本仕様
レンズマウントキヤノンEF Mマウント系センサーAPS-C
22.3×14.9mm CMOS
画素数1850万総画素
1800万有効画素
連写4.6コマ/秒
ISO感度100~12800(標準)
100~25600(拡張)
モニター3インチ
104万ドット
シャッタースピード1/4000~30秒撮影枚数255枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080)
30fps
可動式モニターチルト内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
記録メディアSDカード:○
SDHCカード:○
SDXCカード:○
幅×高さ×奥行き108×66.6×35mm重さ265g (本体のみ)
301g (総重量)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EOS M10

売れ筋ランキング