「EOS R」と「α7 III」の違い


キヤノン「EOS R (イオス アール)」とソニー「α7 III (a7 iii、a7m3、ILCE-7M3)」の違いを比較しました。

「EOS R」は2018年9月5日に発表されたキヤノンのミラーレスカメラです。新しく設計されたRFマウントと35mmフルサイズセンサーを搭載しています。ライバル機だと思われるソニーのフルサイズミラーレスカメラ「α7 III (a7 iii、a7m3、ILCE-7M3)」と外観・スペックを比較してみました。

キヤノン「EOS R」とソニー「α7 III」 1
キヤノン「EOS R」とソニー「α7 III」の正面比較

キヤノン「EOS R」とソニー「α7 III」 2
キヤノン「EOS R」とソニー「α7 III」の背面比較

キヤノン「EOS R」とソニー「α7 III」 3
キヤノン「EOS R」とソニー「α7 III」の上部比較

キヤノン「EOS R」とソニー「α7 III」 4
キヤノン「EOS R」とソニー「α7 III」を重ねた比較画像。「α7 III」が赤色です。

外観・デザイン
  • 【サブモニター】
    「EOS R」は上部右肩にカメラ設定の情報を表示できる「サブモニター」が搭載されています。中級機以上のデジタル一眼レフカメラに搭載されるもので、電源OFF時でも設定状況の確認が可能です。
  • 【電子ビューファインダー】
    「EOS R」は約369万ドットで倍率0.76倍のEVFを搭載しているのに対し、「α7 III」は約235万ドットで倍率0.78倍です。「EOS R」はより高解像度で、「α7 III」はより被写体を大きく確認することができます。
  • 【液晶モニター】
    「EOS R」は3.15インチ(210万ドット)のバリアングル式液晶モニターを搭載しているのに対し、「α7 III」は3インチ(92.16万ドット)のチルト式液晶モニターを搭載しています。バリアングル式はより可動域が広いですが、より素早く動かせるのはチルト式です。
  • 【操作性】
    「EOS R」は背面に、撮影設定や画像送り、ショートカット設定などが行える「マルチファンクションバー」が搭載されています。物理ボタンではなくスライドやタップ操作で動作します。「α7 III」は背面に、AFエリアを動かしやすい「ジョイスティック」が搭載されています。
  • 【メモリーカード】
    「EOS R」は「SDカード」1枚のみのシングルスロットですが、「α7 III」は「SDカード」2枚のデュアルスロットです。「α7 III」は2枚のSDカード間でリレー記録や同時記録することでバックアップを取ることが可能です。
  • 【防塵・防滴仕様】
    「EOS R」は防塵・防滴性能に対応していますが、「α7 III」は防塵・防滴に配慮した設計という表記です。「EOS R」は過酷な環境下でも安心して使用することができます。
  • 【USB端子】
    「EOS R」は「USB Type-C」が1つ搭載されているのに対し、「α7 III」は「USB Type-C」が1つと「マイクロUSB」が1つ搭載されています。「α7 III」はどちらのUSB端子でもモバイルバッテリーから電力を供給しながら撮影できます。「EOS R」は電源ON時に充電するUSB給電には非対応です。
  • 【サイズ】
    「EOS R」は「α7 III」より、幅が8.9mm、高さが2.7mm、質量が15g、大きく重くなっています。厚みは計測位置が異なるので厳密な比較はできませんが、「α7 III」のほうがより薄くなっていると思います。グリップ部は「EOS R」のほうが大型です。

機能・特徴
  • 【イメージセンサー】
    「EOS R」は自社開発・自社生産の3030万画素センサーを搭載し、「α7 III」は2420万画素センサーを搭載しています。「EOS R」は常用ISOで最大40000・拡張ISOで最大102400なのに対し、「α7 III」は1段分向上している常用ISOで最大51200・拡張ISOで最大204800です。
  • 【ボディ内手ブレ補正】
    「EOS R」はボディ内手ブレ補正が非搭載ですが、「α7 III」は約5.0段分の手ブレ補正が搭載されています。「EOS R」はレンズ内手ブレ補正搭載の対応レンズを装着した場合に補正効果を高める「デュアルセンシングIS」機能や動画時の電子手ブレ補正は利用可能です。「α7 III」はレンズ内手ブレ補正が搭載されていないレンズでも強力にブレを補正できます。
  • 【4K動画】
    「EOS R」は4K時にALL-I圧縮方式で最大480Mbpsの高ビットレート記録が可能です。「α7 III」は約2.4倍の6K相当でオーバーサンプリング出力することで高い解像力の4K画質を実現し、ダイナミックレンジ・輝度・コントラスト・色彩など優れた表現ができるHLG(Hybrid Log-Gamma)による「4K HDR動画」の撮影も可能です。「EOS R」はHDで120fpsのスローモーション動画が撮影できるのに対し、「α7 III」はフルHDで120fpsの撮影ができます。
  • 【連続撮影性能】
    「EOS R」はAF追従(サーボAF)で5コマ/秒の連写性能ですが、「α7 III」はAF/AE追従で10コマ/秒です。バッファメモリー(連続撮影可能コマ数)は、「EOS R」がRAWで34コマ・JPEGで100コマなのに対し、「α7 III」はRAWで89コマ・JPEGで177コマを実現しています。
  • 【瞳AF】
    「EOS R」と「α7 III」はどちらも「瞳AF」機能に対応していますが、「EOS R」は「ワンショットAF」で「顔+追尾優先AF」時のみ使用可能です。「α7 III」のようにコンティニュアスAF時に「瞳AF」は使用できません。
  • 【低輝度合焦限界】
    「EOS R」は測距輝度範囲がEV-6~18なのに対し、「α7 III」はEV-3~20です。「EOS R」は肉眼では捉えづらいほど暗い場所でもオートフォーカスが動作してピント合わせをすることができます。
  • 【バッテリーライフ】
    「EOS R」は約370コマの撮影可能コマ数ですが、「α7 III」はファインダー時に約610コマ・モニター時に約710コマの撮影が可能です。「α7 III」は消費電力が多いミラーレスながら優れたバッテリーライフを実現しています。



「EOS R」と「α7 III (a7 iii、a7m3、ILCE-7M3)」のスペック違いを比較
製品名キヤノン EOS Rソニー α7 III
発売日2018年10月25日2018年03月23日
価格24万円前後23万円前後
シリーズEOS Rシリーズα(アルファ)シリーズ
マウントキヤノンRF系マウントソニーE系マウント
センサーフルサイズ(CMOS 36×24mm)フルサイズ(Exmor R CMOS 裏面照射型 35.6×23.8mm)
ローパスフィルター○(予想)
ダスト除去機能
画像処理エンジンDIGIC 8BIONZ X、フロントエンドLSI
画素数3030万有効画素2530万総画素、2420万有効画素
最大記憶画素数6720x4480px6000x4000px
ISO常用:100-40000、拡張:50-102400常用:100-51200、拡張:50-204800
連写AF固定:8コマ/秒、サーボAF:5コマ/秒AF/AE追従:10コマ/秒(メカ&電子シャッター)
連続撮影可能コマ数RAW:34コマ、JPEG:100コマ、RAW+JPEG:34コマRAW:89枚、JPEG:177枚、RAW+JPEG:79枚
オートフォーカス方式デュアルピクセルCMOS AF(コントラストAF+像面位相差AF)ファストハイブリッドAF(コントラストAF+像面位相差AF)
測距点/AFエリア最大5655ポジション(横87x縦65)位相差検出方式:693点、APS-C時の位相差検出方式:299点/コントラスト検出方式:425点
測距輝度範囲EV-6~18EV-3~20
ファインダー有機ELカラー電子ビューファインダー 0.5型 (約369万ドット/視野率100%/倍率0.76倍)電子式ビューファインダー XGA OLED 0.5型 (約235万ドット/視野率100%/倍率0.78倍)
モニター3.15インチ (210万ドット)3インチ (92.16万ドット)
可動式モニターバリアングルチルト(上方向:107度、下方向:41度)
タッチパネル○(タッチ&ドラッグAFに対応)○(タッチパッドAFに対応)
サブモニター(情報表示パネル)
シャッタースピード(メカ/機械式)1/8000-30秒
フラッシュ同調1/200秒1/250秒
電子先幕シャッター
電子シャッター
サイレントシャッター○(単写のみの予想)○(連写可能)
フリッカー対策静止画フリッカー低減撮影フリッカーレス撮影
バルブ撮影
セルフタイマー2、10秒2、5、10秒
顔認識
瞳AF「ワンショットAF」+「顔+追尾優先AF」時に対応○(Aマウントレンズ装着時も対応)
撮影枚数約370コマ、動画撮影可能時間:合計約2時間20分モニター時:約710コマ 約125分、ファインダー時:約610コマ 約115分
RAW14bit(CR3)、DPRAW対応ARW:14bit(非圧縮可)
JPEG
TIFF
RAW+JPEG
カメラ内RAW現像未確認
動画4K UHD(3840x2160) 30p、フルHD(1920x1080) 60p4K(3840x2160) 30p、4K HDR(HLG)、フルHD(1920x1080) 60p
4K動画の撮影方式クロップの予想フルサイズで全画素読み出し(約2.4倍のオーバーサンプリング出力)
高ビットレート記録4K 30p ALL-Iで最大480Mbps、フルHD 60p ALL-Iで最大180Mbps100Mbps
ハイフレームレート120fps(1280x720) 7分29秒まで120fps(1920x1080)
ファイル形式MP4XAVC S、AVCHD
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式ALL-I:リニアPCM、標準:IPB、軽量:AACXAVC S:LPCM 2ch、AVCHD:Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載
撮影時間29分59秒約29分
LogCanon-Log(カメラ内は4:2:0 8bit、4:2:2 10bitはHDMI出力)S-Log2、S-Log3
タイムコード
ボディ内手ぶれ補正動画時:5軸手ブレ補正、デュアルセンシングIS5.0段分
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様配慮した設計
pictbridge
水準器
英語対応未確認
Wi-Fi
NFC
GPS
Bluetooth○(4.1)
USB充電
USB給電(電源ON時の充電)
メモリーカードSDXC UHS-IIカードのシングルスロットデュアルSDスロット(SDXC スロット1:SDXC UHS-II対応、スロット2:SDXC UHS-I・メモリースティック対応)
操作性マルチファンクションバー(物理ボタンではなくタッチ式)ジョイスティック(AFエリア移動用ボタン)
AF-ONボタン
マグネシウム合金
135.8mm126.9mm
高さ98.3mm95.6mm
奥行き(厚み)84.4mm(ファインダー部も含む測定の予想)62.7mm
重さ580g、660g(総重量)565g、650g(総重量)
バッテリーLP-E6N/LP-E6NP-FZ100
バッテリーグリップバッテリーグリップ BG-E22(シンクロ接点あり)縦位置グリップ VG-C3EM
マイク端子3.5mmステレオミニジャック
インターフェイスUSB Type-C、HDMI(タイプC)マルチ/マイクロUSB、USB Type-C、マイクロHDMI(タイプD)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EOS R

α7 III

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する