『EF-S10mm F2.8が登場するかも?』へ返信口コミを投稿


ホーム
投稿フォーム

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

35mm判換算で焦点距離16-29mm相当・手ブレ補正機構を搭載したキヤノンEFマウントAPS-C用、超広角ズームレンズ。

総合評価 : レビューはありません。
価格 :
¥33,980
初値 :
¥34,100
発売日 :
2014年05月29日
メーカー
キヤノン
仕様表 :
JAN/EAN :
4549292010152
商品コード :
9519B001
canonnewsにキヤノンのレンズ特許が紹介されています。

一眼レフ用で、35mm F1.4と10mm F2.8 APS-Cが出願されているようです。
どちらもBRレンズが使われているようで、EF35mm F1.4L II USMはすでに発売されていますね!
もしEF-S10mm F2.8が登場するなら16mm相当の超広角レンズになります。
BRレンズが搭載されているなら高級レンズになること間違いなしですね^^
EF35mm F1.4L II USM以降にBRレンズが搭載されたレンズは登場していないと思うので第二弾が見てみたいかも!!
ミラーレスは広角系レンズが小型化できるからEF-Mで登場してくれても嬉しいです(*^^*)

https://www.canonnews.com/canon-patent-application-10mm-28-aps-c-br-and-35mm-14-br
情報屋さん (2018年04月07日12:52)
返信する
内容
※タグやURLが含まれた投稿は削除されます。URLは限定ユーザーのみ投稿できます。
ハンドルネーム
画像ファイル (1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


※口コミは承認後に公開されます。