『EOS Rの後継機はボディ内手ブレ補正が搭載されるかも!?』へ返信口コミを投稿


ホーム
投稿フォーム

EOS R ボディ

3030万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したキヤノンのミラーレスカメラ

総合評価 : レビューはありません。
価格 :
¥190,880
発売日 :
2018年10月25日
メーカー
キヤノン
仕様表 :
JAN/EAN :
4549292119282
canonrumorsに実現したら嬉しい噂が掲載されています。
信憑性は高めです!!

EOS Rの後継機は5軸ボディ内手ブレ補正が搭載される可能性があるようなので凄く凄く楽しみですね^^
レンズ内手ブレ補正は超望遠になるとボディ内手ブレ補正よりも優れた性能を発揮するけど、いつも超望遠で撮影するわけではないので標準域の単焦点レンズを使う時など便利この上ないと思います!
レンズ内とボディ内の手ブレ補正を組み合わせて補正効果を高めることができればさらにいいと思います。
本体サイズが抑えられればEOS Rよりもさらに売れると思います(*^^*)
是非とも実現することを期待しています。

https://www.canonrumors.com/5-axis-ibis-coming-to-next-canon-eos-r-series-camera-cr2/
情報屋さん (2018年12月11日11:58)
追加情報が掲載されました。
ボディ内手ブレ補正を搭載した新型EOS Rはやっぱり開発されているようです!!
たぶんニコンのフルサイズミラーレスに対抗するために早めに発売したから初代EOS Rには間に合わなかった技術なのだと思います。
次にキヤノンが発売するフルサイズミラーレスはエントリーモデルや1億画素モデルの噂があります。
1億画素モデルはEOS 5Ds/Rの後継機として登場する可能性が高そうです。
エントリーモデルにボディ内手ブレ補正を搭載すると初代EOS Rとの立ち位置が難しくなりそうだから、1億画素モデルにボディ内手ブレ補正も搭載される可能性が高いかもしれません。
でも価格はかなり高そうですね。。
とにかくキヤノンがボディ内手ブレ補正を搭載する可能性が高いことは朗報だと思います^^
いろいろなマウントアダプターが登場すればオールドレンズが楽しみ放題ですね!

http://www.northlight-images.co.uk/canon-camera-rumours-and-info/
情報屋さん (2019年01月13日12:42)
さらに最新情報が掲載されました。
YouTubeでカメラ関連の動画をアップしているJared Polinさんの動画によると、キヤノンは将来的にボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正を組み合わせた技術を搭載するとのことです!!
つまり、ボディ内手ブレ補正が搭載されることはほぼ確実ということですね(*^^*)
9分12秒くらいからたぶんキヤノン公式だと思うスライドショーが確認できます。
EOS Rの次はEOS RPになったので、その次にはボディ内手ブレ補正が搭載されれば嬉しいです!

https://www.youtube.com/watch?v=nFQVfBdadEs
情報屋さん (2019年02月15日12:27)
返信する
内容
※タグやURLが含まれた投稿は削除されます。URLは限定ユーザーのみ投稿できます。
ハンドルネーム
画像ファイル (1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


※口コミは承認後に公開されます。