『PowerShot G1 X Mark IIIの小型化には非球面レンズが貢献したもよう!』へ返信口コミを投稿


ホーム
投稿フォーム

PowerShot G1 X Mark III

2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載、35mm判換算で焦点距離24-72mm相当のレンズを採用したキヤノンのコンパクトデジタルカメラ

総合評価 : レビューはありません。
価格 :
¥61,080
発売日 :
2017年11月30日
メーカー
キヤノン
仕様表 :
JAN/EAN :
4549292100723
商品コード :
2208C004
デジカメWatchにPowerShot G1 X Mark IIIのキヤノンインタビューが掲載されています。

1型ではなくAPS-Cセンサーを搭載することで高感度性能やダイナミックレンジが向上するとのことです。
具体的に言うと、撮影後のレタッチでいろいろ画像を編集しても絵が崩れにくくなるようですね。
これはRAWで編集しているとどういうことかよく分かって、APS-Cやフルサイズで撮影した画像は撮影時に露出などで失敗してもその後の編集で大抵カバーできるので凄くメリットがあると思います^^
あと、カメラの小型化については非球面レンズでレンズ枚数を削減できたことが大きく貢献しているとのことです。
カメラの大きさってほとんどレンズに左右されるから、それを小さくできる非球面レンズってやっぱり凄いですね!!
内蔵フラッシュについては水中撮影で外部ストロボと同調するためにも使用できるようです。
そういう使い方は考えてなかったのでビックリしました。
記事では樹脂素材やレンズユニットやデザインなどについても詳しく掲載されています。
EVFがないバージョンのAPS-Cコンデジも発売して欲しいです!!!

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/1113563.html
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/1115145.html
情報屋さん (2018年04月07日23:35)
返信する
内容
※タグやURLが含まれた投稿は削除されます。URLは限定ユーザーのみ投稿できます。
ハンドルネーム
画像ファイル (1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


※口コミは承認後に公開されます。