『G9 Xは開発に困難を極めたプレミアムカメラ!』へ返信口コミを投稿


ホーム
投稿フォーム

PowerShot G9 X (ブラック)

2020万画素の1.0型CMOSセンサー(裏面照射型)を搭載、35mm判換算で焦点距離28-84mm相当のレンズを採用したキヤノンの薄型・軽量コンパクトデジタルカメラ

価格 :
¥22,800
発売日 :
2015年10月22日
メーカー
キヤノン
仕様表 :
JAN/EAN :
4549292051797
商品コード :
0511C004
デジカメWatchにPowerShot G9 Xのキヤノンインタビューが掲載されています。

・G9 Xは比較的若い人向け
・直線基調の新コンセプトデザイン、デザインはTimelessがコンセプト
・プレミアム感や重厚感のためにミドルシルバーというシルバー色を採用
・G9 Xのシルバーはアメリカでも好評
・トップカバーは「難易度ウルトラC級」の難しさだった
・タッチUIなどG9 Xの操作性はかなり工夫が施されている
・三脚穴をレンズ光軸上に置くのはスペース的に厳しかった

記事にはもの凄い量の情報量が掲載されています。デザインの拘りとかこれだけ小型化するのがどれだけ大変だったかよく分かりました!!最初にシルバーモデルを見た時にすっごくいいと思いましたがこれほど作るのに苦労していたとは。。(笑)やっぱりメーカーが気合を入れて作ってくれたカメラはいいものですね!Sシリーズの後継モデルというよりGシリーズならではの魅力を出したとのことですが、こういうプレミアムカメラならカメラ市場が縮小するなからで生き残っていくと思います!!!!

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151222_735294.html
情報屋さん (2015年12月23日00:47)
返信する
内容
※タグやURLが含まれた投稿は削除されます。URLは限定ユーザーのみ投稿できます。
ハンドルネーム
画像ファイル (1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


(1.5MBまで/jpg,gif,pngのみ)


※口コミは承認後に公開されます。