ニコン、天体撮影専用のデジタル一眼レフ「D810A」の発売日が5月28日に決定


ニコンは、天体撮影専用のデジタル一眼レフ「D810A」と「ストラップ AN-DC16」を5月28日に発売すると発表しました。

D810A及び関連アクセサリー新製品発売日決定のご案内 | ニコンイメージング
  • ニコンは、天体撮影専用の「D810A」とストラップ「AN-DC16」を5月28日に発売する
  • 「D810A」は、天体撮影仕様の光学フィルターを搭載することでHα線の波長で光る星雲を鮮やかに赤く写すことが可能。天体撮影専門で、通常用途の撮影には向かない
  • 最長900秒まで対応する長時間露光マニュアルモード「M」に対応
  • 夜間撮影に考慮したファインダー内表示
    シャッタースピードや絞りなど撮影に必要な情報をファインダー内に表示
    水準器の表示設定時は常時赤く点灯
  • 機能・性能、外観などは「D810」を継承

2月10日の発表時点では発売時期が5月下旬でしたが、発売日が5月28日に決定しました。市場価格は367,106円です。キヤノンには天体撮影専用モデルが以前からありましたが、「D810A」はニコン初の天体撮影専用の超高精細モデルです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

D810A

AN-DC16

売れ筋ランキング