カシオ、切り離して使えるデジカメ「EX-FR10」の最新ファームウェアVer.1.02と1.01を23日に公開


カシオは、カメラ部とコントローラー部を分離して使えるデジタルカメラ「EX-FR10」の最新ファームウェアVer.1.02と1.01を23日に公開しました。

ソフトウェアダウンロード - デジタルカメラ - お客様サポート - CASIO
  • カメラ部:V1.01 → V1.02
    撮影画質の調整
  • コントローラー部:V1.00 → V1.01
    表示画質の調整
    コントローラを操作しないでモニター非表示になる時間を、25秒から10分に変更
  • ファームウェアのバージョン確認方法は、「操作手順: ホームアイコン → MENU → セットアップ → バージョン情報」。カメラのバージョンが「Ver 1.00」や「Ver 1.01」、コントローラーのバージョン「Ver 1.00」と表示されたカメラはファームアップをアップデートできる

EXILIM EX-FR10は、1400万画素の1/2.3型CMOS(裏面照射型)センサーを搭載したカメラ。35mm判換算で焦点距離21mm相当のレンズを採用、レンズとモニターが分離することでいろいろな写真を撮影することができる

基本仕様
焦点距離21~21mm(35mm判換算)
光学ズーム:倍
デジタルズーム:4倍
センサー1/2.3型
CMOS(裏面照射型)
画素数1676万総画素
1400万有効画素
連写
ISO感度モニター2インチ
23.04万ドット
シャッタースピード撮影枚数255枚
静止画フォーマットJPEG:○
動画フルHD(1920x1080)
30fps
可動式モニター内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
Bluetooth:○
記録メディアSDカード:microSD
SDHCカード:microSDHC
SDXCカード:microSDXC
幅×高さ×奥行き60.9×153.1×34.2mm重さ173g (本体のみ)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EXILIM EX-FR10

ファームウェア

売れ筋ランキング