オリンパス、OM-Dシリーズのエントリーモデル「OM-D E-M10」を2月に発売



オリンパスは、OM-Dシリーズのエントリーモデル「OM-D E-M10」を2月に発売すると発表しました。



「OM-D E-M10」の特徴
・1605万画素の4/3型Live MOSセンサーを搭載
・倍率約1.15倍、視野率約100%の電子式ビューファインダー
・ボディー内3軸VCM手ぶれ補正機構
・81点FAST AFと最大8コマ/秒の高速連写
・大きさ、約119.1(幅)x 82.3(高さ)x 45.9(奥行き)mm
・重さ、約350g(本体のみ)。
オリンパス ニュースリリース: “ 手の中の、プレミアム。 ” 「OM-D E-M10」 発売
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング