ソニー、4K対応のハンディカム「FDR-AX100」を3月14日に発売



ソニーは、4K対応のハンディカム「FDR-AX100」を3月14日に発売すると発表しました。

「FDR-AX100」の特徴
・4Kの30p撮影に対応。
・HD画質(1,280×720)で120pの撮影に対応。
・1.0型 Exmor R(エクスモア アール)CMOSセンサーを搭載。
・焦点距離29~348mm。
・光学式手ブレ補正。
・大きさ、約81(幅)x 83.5(高さ) x 196.5(奥行き)mm。
・重さ、約790g。
FDR-AX100 | ハンディカム | ソニー

3月14日発売予定:FDR-AX100
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

売れ筋ランキング