『夢のようなゲーム』 ファイナルファンタジータクティクス (PS)のレビュー


ファイナルファンタジータクティクス (PS)のレビュー

ファイナルファンタジータクティクス (PS)

スクウェア・エニックスのPS用ソフト。

価格 :
総合評価 : 5 (1)
発売日 :
1997年06月20日
メーカー
スクウェア・エニックス
仕様表 :
JAN/EAN :
4961012977031
総合評価:
 5 (1人)
全て(1人) 、5点(1人) 、4点(0人) 、3点(0人) 、2点(0人) 、1点(0人)
 5

最も面白いゲームだと思います。何回やり直しても面白いです。

【グラフィックの質】
グラフィックの質自体はそこまで高くないでしょうが、これで十分です。聖剣技の効果などカッコいいものは多いので良いと思います。

【サウンドやBGM】
最高。素晴らしすぎる。橋上の戦いやBack Fireなど聴くだけで興奮してくるような素晴らしいBGMばかりです。これだけの名曲をどうやったらこんなにたくさん作れるのか疑問でなりません。

【デザイン】
人物の顔に鼻がない特徴的なデザインです。モンスターなどのデザインも含めてこの雰囲気こそファイナルファンタジータクティクスだと思わせてくれるベストなデザインです。

【操作性】
無駄にごちゃごちゃしてなく分かりやすい。ただマップの配置が非常に見づらいものが結構あります。角度を変えても木は山などが邪魔ですごく見づらい。真上からの視点や邪魔な配置を透過できるようならよかったと思います。

【ゲームバランス】
途中から最強バランスブレイカーのオルランドゥが登場します。算術もバランスブレイカーですが、ジョブなので誰でもなれるからいいと思います。そもそもラムザのジョブが見習い戦士というのが納得いかない。アルテマもたいして強くないので圧倒的にオルランドゥより弱いです。主人公が一番強くあって欲しいと思う人には納得がいかないかも。聖剣技が強すぎるのと女性専用装備にシャンタージュという永久リレイズがあるのがバランスブレイカーですね。

【ストーリー】
いい意味で難しいと思う。ストーリー自体はwikiでも見れば簡単に理解できるが、そのストーリーでどのようなことを感じ取るかが難しい。名家生まれの地位を捨てたラムザ、貴族でなかったことで差別されて最終的に英雄にまでなったディリータ。貴族を恨んで戦う敵たちに真実の歴史を隠してきた教会。深くて秀逸な内容だと思います。

【オリジナリティ】
オリジナリティはどう評価すればいいのか分からない。こういうゲームはタクティクスオウガのように同じ風なゲームもあるけどやってみると全然違う。オリジナリティはあると思う。

【価格】
無評価

【改善点】
ストーリーが短い。もっと長くして完全クリアで100時間ぐらいは楽しめるようにしてほしい。動作の効果がいちいち長いものがある。なるべく短く一定の長さにしてほしい。

【総評】
最もハマったゲームで面白すぎる。このゲームの雰囲気とBGMは最高の出来だと思います。このゲームを作ったスクウェアは本当に素晴らしいゲーム会社だったんだねと深く思います。続編がファイナルファンタジータクティクスアドバンスとファイナルファンタジータクティクスアドバンス2という全くファイナルファンタジータクティクスの良さとは違うゲームなのでそれが本当に残念です。スクウェア・エニックスが昔のようなスクウェアになって真の続編を作ってくれることを願います。
jojoさん (2015年04月07日00:41)
参考になりましたか?
対応商品:ファイナルファンタジータクティクス (PS)
売れ筋ランキング
最新レビュー