『これからどうなるんだろう』 彼岸島 最後の47日間 2のレビュー


彼岸島 最後の47日間 2のレビュー

彼岸島 最後の47日間 2

人間を生きたまま樽に閉じ込め、血を啜る吸血鬼たち。そんな阿鼻叫喚の地獄に最愛の人・和美が囚えられてしまった。血も凍る恐怖の中、亮介は明と共に危険地帯へ乗り込む。

価格 :
¥128
総合評価 : 4 (1)
発売日 :
2011年04月06日
出版社
講談社
仕様表 :
ISBN-13 :
9784063820232
ISBN-10 :
4063820238
総合評価:
 4 (1人)
全て(1人) 、5点(0人) 、4点(1人) 、3点(0人) 、2点(0人) 、1点(0人)
 4

新キャラがもう絶体絶命です。
最後の47日間になって亮介が物語の中心になるのかと思いましたが違うようですね。
新しいシリーズだから新キャラを出しておこうというその場のノリでしょうか。

だらだら引き伸ばさないで、一気に進んで雅を倒しに行って欲しいです。
jojoさん (2014年09月09日23:56)
参考になりましたか?
対応商品:彼岸島 最後の47日間 2
売れ筋ランキング
最新レビュー