『衝撃的な漫画』 進撃の巨人 1のレビュー


進撃の巨人 1

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。

価格 :
¥378
総合評価 : 5 (1)
発売日 :
2010年03月17日
出版社
講談社
仕様表 :
ISBN-13 :
9784063842760
ISBN-10 :
4063842762
総合評価:
 5 (1人)
全て(1人) 、5点(1人) 、4点(0人) 、3点(0人) 、2点(0人) 、1点(0人)
 5

ずいぶん話題になっている漫画なので読んでみました。

【画力】
信じられない下手さ。こんなに下手な絵の漫画は見たことがないレベルです。腕の長さなんて特におかしい。しかし、とても好感が持てる絵です。アマチュアが本気だしてコツコツ描いてる絵みたいだし、写真を加工して背景にしてるような楽をしていません。迫力があるシーンは得意のようで、そこそこ様になってます。

【ストーリー】
とても奥が深い。この漫画を読んでいると、漫画はいかに絵が上手くても内容がなければ面白くない。逆に、絵は下手でも内容が良ければ面白いということを実感させられます。冒頭の調査兵団が帰ってくるシーンで「なんの成果も!!得られませんでした!!」で普通の漫画とは違うと思いました。キャラクターに魂がこもっているかのように魅力があります。

【オリジナル】
オリジナリティは高いです。巨人に攻めこまれて絶体絶命の状態の人間たち。巨人はただの生物ではないらしく、人間を殺すために出てきたような亡霊の不気味さがあります。

【キャラクター】
前述に描いたとおり、魂がこもっているキャラクターが多いです。最近の漫画にあるような冷めた主人公より、エレンのような熱い主人公のほうが好きです、

【改善点】
絵。。。

【総評】
注目されるだけあって、非常にユニークな漫画です。こんなに熱い漫画は久しぶりでとてもハマってしまいようです。
jojoさん (2014年09月30日23:44)
参考になりましたか?
対応商品:進撃の巨人 1
交換レンズ 売れ筋ランキング

最新レビュー