『最も先が読めない漫画』 ムシヌユン 1のレビュー


ムシヌユン 1

僕の夢は「昆虫博士」になること。その夢が潰えた今、唯一帰れる場所は故郷である日本最南端の島・与那瀬だけ。空前の天体現象により異様な熱に浮かされるその島で、僕は彼女と再会した…!

価格 :
¥128
総合評価 : 5 (1)
発売日 :
2014年07月30日
出版社
小学館
仕様表 :
ISBN-13 :
9784091862365
ISBN-10 :
4091862365
総合評価:
 5 (1人)
全て(1人) 、5点(1人) 、4点(0人) 、3点(0人) 、2点(0人) 、1点(0人)
 5

【画力】
ヘタウマです。綺麗な絵ではないですがリアリティがある絵です。森の中のシーンが多いので葉っぱを描くのは大変そうです。

【ストーリー】
全くもって先が読めない。昆虫博士になりたい主人公が夢破れて故郷の与那瀬に帰るが、同級生や母親とあって結局はどこにも帰る場所がないと分かる。そして謎の生命体により体が。。性欲の塊になった上原が何を起こすのか想像ができない。そもそも与那瀬に何が起こったのかもよく分からない。出来ればもっとスピードアップして話が展開して欲しいです。

【オリジナル】
最近になって読んだ漫画で最もオリジナリティがある漫画です。今までのような人生に絶望した主人公の話や、宇宙生命体の話ではありません。完全にオリジナルで作った漫画のような気がします。漫画でしか描けないイカれた展開を期待しています。

【キャラクター】
女の子が可愛くないのです。主人公の上原の絶望感は共感できれば行動が気になってきます。

【改善点】
もっと早く話しを進めてほしい。

【総評】
タイトルや表紙から独特な雰囲気が漂っていたので読んでみましたが、本当に不思議な漫画です。誰も読んだ子がないような展開を期待しています。次巻に期待。
jojoさん (2014年09月30日15:30)
参考になりましたか?
対応商品:ムシヌユン 1
売れ筋ランキング
最新レビュー