『カネキが完全にイカれてる』 東京喰種トーキョーグール 11のレビュー


東京喰種トーキョーグール 11のレビュー

東京喰種トーキョーグール 11

「僕の邪魔をするやつはみんな…摘まなきゃ」人間を捨て、「アオギリの樹」への協力を宣言した、元〔CCG〕解剖医・嘉納。そして、四方に攫われた、リゼ。理解不能の現実の連鎖に、我を失ったカネキは“半赫者"へと姿を変える。暴虐の限りを尽くすカネキを前に、善戦する篠原特等捜査官と〔CCG〕は、ついに「SS級配置」を取る。“喰種"×〔CCG〕、頂上決戦の行方は…!?

価格 :
¥555
総合評価 : 5 (1)
発売日 :
2014年04月18日
出版社
集英社
仕様表 :
ISBN-13 :
9784088798097
ISBN-10 :
4088798090
総合評価:
 5 (1人)
全て(1人) 、5点(1人) 、4点(0人) 、3点(0人) 、2点(0人) 、1点(0人)
 5

カネキが暴走して半赫者になるわけですが、イカれ方が半端ないです。
作者の画力が高いので描写がもの凄いです。これだけで読む価値がありますよ!

東京喰種はこういうシーンに対してコメディチックなものもあるので読んでいて飽きません。
アモンと真戸の変態捜査官シーンは読んでいて笑えました。

次は有馬捜査官が登場か?
jojoさん (2014年09月08日15:39)
参考になりましたか?
対応商品:東京喰種トーキョーグール 11
カメラ総合 売れ筋ランキング

最新レビュー