カメラ
レンズ
キヤノン(Canon)
EF24-70mm F2.8L II USM

EF24-70mm F2.8L II USM

焦点距離24-70mm・撮影倍率0.21倍のF2.8通しキヤノンフルサイズ対応、標準ズームレンズ。

価格 :
¥149,800
総合評価 : レビューはありません。
発売日 :
2012年09月06日
メーカー
キヤノン
仕様表 :
JAN/EAN :
4960999780719
商品コード :
5175B001
スレッドの一覧
新規口コミする
返信数(1件)  対応商品:EF24-70mm F2.8L II USM 最終更新日時:2018年06月13日12:22
手ブレ補正搭載の24-70mm f/2.8Lが開発されている噂が。
キヤノンだけでなくニコンも噂されてますけどなかなか登場しないんですよね。
もし出たとしても30万円ぐらいはしそうですが^^;
情報屋さん (2015年06月18日20:40)
最新情報が掲載されました!
手ぶれ補正が搭載されたEF24-70mm F2.8は2015年6月から噂されていたのですね!!
でも今回の噂を見る限りは手ぶれ補正搭載なのかまだ分からないようです。
ボディ内手ぶれ補正が搭載されていないカメラの他メーカーの24-70mm F2.8は手ぶれ補正搭載レンズにリニューアルされているからキヤノンだけ手ぶれ補正非搭載ということは考えられないと思います。
発表時期は9月のフォトキナ前なので楽しみです^^
信憑性はあまり高い情報ではないけどキヤノンもそろそろ24-70mm F2.8を更新して欲しいですね。

http://www.canonrumors.com/updated-ef-24-70mm-f-2-8l-ii-on-the-horizon-cr1/
情報屋さん (2018年06月13日12:22)
返信する
返信数(3件)  対応商品:EF24-70mm F2.8L II USM 最終更新日時:2018年03月13日12:59
canonrumorsにキヤノンのレンズについて噂が掲載されてます。

以前に噂が出たEF 24-70mm f/2.8L ISの続報で、2本や3本のプロトタイプが存在するけどまだ最終的なことは決まってないようですね。
BRレンズが搭載される噂もあるようです。

ただ、18-24ヶ月以内にキヤノンからこのレンズが登場するのは期待しないほうがよさそうとのこと。
ニコンは最終調整に時間がかかっているからAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの発売を延期したけど、24-70mm f2.8はプロが使う用途が高いと思うから特に手を抜けないレンズでしょうね。
キヤノンも同様に中途半端なレンズは絶対に出せないと思うので開発に時間がかかっているんだと個人的に予想してます!

http://www.canonrumors.com/canon-ef-24-70-f2-8l-is-mentioned-again-cr2/
情報屋さん (2015年09月16日13:21)
EF 24-70mm f/2.8L ISのさらなる続報が掲載されています。

どうやら開発はされているけど、小型軽量化について苦慮しているみたいです。
写真家によっては12時間以上もレンズを持ち運ぶことがあるらしいので小さくて軽いってことは凄いメリットになるんだと思います。
2017年中の登場は微妙みたいなので2018年の登場になるかも?
シグマの24-70mm F2.8 DG OS HSM | Artがいい感じのサイズだからキヤノンも頑張って欲しいです!!

http://www.canonrumors.com/canon-in-active-development-of-ef-24-70mm-f2-8l-is-cr2/
情報屋さん (2017年05月14日13:11)
さらにさらに続報が掲載されています。

と言っても開発がされているという情報なだけでいつ発売されるかやスペック情報はありません。
2種類のレンズがテストされていて1つだけ発売されるとのことです。
ニコンのように手ブレ補正が搭載されたことで明らかに大型化すると微妙だと思うので、開発に時間が掛かっている分小型軽量化にも力を入れて欲しいです^^
あとは価格も現行機並に抑えてくれれば嬉しいです!

http://www.canonrumors.com/canon-ef-24-70mm-f2-8l-is-still-in-testing-cr2/
情報屋さん (2017年10月20日14:13)
最新情報が掲載されました!
EF 24-70mm f2.8L ISは開発が最終段階にあるけど、今年中の発表はないとのことです!!
そこまで完成に近づいているなら今年中に発表して欲しいけどそんなに簡単ではないということですね^^
手ブレ補正内蔵の24-70mmで後発の発表になるから性能バッチリの素晴らしいレンズになって欲しいです。
重量を抑えて手ブレ補正の効きを5段分くらいにしてくれれば最高かも。
期待しているのでいいレンズを発表して欲しいです。

http://www.canonrumors.com/canon-ef-24-70mm-f-2-8l-is-development-continues-cr2/
情報屋さん (2018年03月13日12:59)
返信する
返信数(0件)  対応商品:EF24-70mm F2.8L II USM 最終更新日時:2017年12月29日14:12
lensrentalsが2017年にレンタルされたカメラとレンズのランキングを発表しています。

総合ランキング
1位 EF24-70mm f/2.8L II
2位 EF70-200mm f/2.8L IS II
3位 EOS 5D Mark III
4位 EOS 5D Mark IV
5位 α7S II

2017年に新発売されたランキング
1位 GH5
2位 α6500
3位 SP70-200mm f/2.8 Di VC USD G2
4位 α9
5位 Fujifilm X100F

キヤノンが強すぎますね!!!
記事では20位まで紹介されているんですが、キヤノンが占める割合がもの凄く高いです。
ソニーも上位に位置していて、動画向けのカメラが中心なのでGH5が堂々1位にランクインしています。
ニコンは16位にD750がランクインしているのみで寂しい結果です。。
やっぱり動画に強いキヤノン、ソニー、パナソニックは今後のカメラ市場で存在感を増してきそうですね^^
ニコンは新型ミラーレスで動画性能がどうなるのかがもの凄く重要になりそうです。
ITmedia LifeStyleでは今年に発売されたカメラ台数がメーカー別に掲載されています。
1位はキヤノンの12台で、2位と3位のソニーと富士フイルムの5台の2倍以上の台数を発売しています。
つまり、キヤノンだけはカメラ市場が縮小していても問題なく売れているってことですね!!
キヤノンはハイエンドからエントリークラスまでラインナップがとにかく上手いので全部のクラスで売れているからどんどんカメラを出せるんだと思います。
個人的にはニコンやソニーは上位機は上手いけど、入門機はあまり商売上手ではない気がします。
2018年はキヤノンに追いつけ追い越せで全メーカーが頑張って欲しいです(*^^*)

https://www.lensrentals.com/blog/2017/12/most-popular-photography-and-videography-gear-rented-in-2017/
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1712/29/news010.html
情報屋さん (2017年12月29日14:12)
返信する
口コミについて