常用ISOと拡張ISOの違い


常用ISOと拡張ISOの違いについて説明します。

常用ISOは、メーカーがカメラごとに推奨するISO感度。
拡張ISOは、画質が劣化するために推奨はしないが設定できるISO感度。

例えば、常用ISO100~6400(拡張ISO50~25600)のカメラの場合、ISO50ではISO100より白飛びしやすくなったり、ISO6400を超えると高感度ノイズが急激に目立ち始める場合がある。
※メーカーにより常用と拡張を区別する基準は異なる場合があります。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

常用ISO

拡張ISO

売れ筋ランキング