「EOS R」と「EOS Kiss M」の違い


キヤノン「EOS R (イオス アール)」と「EOS Kiss M (イオスkiss m)」の違いを比較しました。

「EOS R」は2018年9月5日に発表されたキヤノンのフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラです。APS-Cセンサーを搭載したミラーレスカメラ「EOS Kiss M」と外観・スペックを比較してみました。

【キヤノンのレンズ交換式マウント】
キヤノンRFマウント ・・・ フルサイズ対応のミラーレス用。マウント径54mm、フランジバック20mm
キヤノンEFマウント ・・・ フルサイズ/APS-C対応の一眼レフ用。マウント径54mm、フランジバック44mm
キヤノンEF-Mマウント ・・・ APS-C対応のミラーレス用。マウント47mmの予想、フランジバック18mm

「EOS R」と「EOS Kiss M」 1
「EOS R」と「EOS Kiss M」の正面比較

「EOS R」と「EOS Kiss M」 2
「EOS R」と「EOS Kiss M」の背面比較

「EOS R」と「EOS Kiss M」 3
「EOS R」と「EOS Kiss M」の上部比較

「EOS R」と「EOS Kiss M」 4
「EOS R」と「EOS Kiss M」を重ねた比較画像。「EOS Kiss M」が赤色です。

外観・デザイン
  • 【クラスと仕様】
    「EOS R」は20万円台の上位機なのに対し、「EOS Kiss M」は10万円以下の入門機です。「EOS R」は、上部右肩にカメラ設定の情報を表示できる「サブモニター」、親指オートフォーカスが可能な「AF-ONボタン」、内蔵ストロボの省略など、カメラ仕様が上級者向きになっています。
  • 【電子ビューファインダー】
    「EOS R」は0.5型で約369万ドットのEVFを搭載していますが、「EOS Kiss M」は0.39型で約236万ドットです。「EOS R」はより大型かつ高解像度の有機ELカラー電子ビューファインダーで被写体を確認することができます。
  • 【マルチファンクションバー】
    「EOS R」は背面右上に、「マルチファンクションバー」と呼ばれる操作性がEOSシリーズで初めて搭載されています。物理ボタンではなくスライドやタップ操作で動作し、撮影設定や画像送り・ショートカット設定などが行えます。
  • 【防塵・防滴性能】
    「EOS R」は防塵・防滴仕様に対応していますが、「EOS Kiss M」は非対応です。「EOS R」はマグネシウム合金を採用するなど信頼性が高いボディ構造なので過酷な環境下でも安心して使用することができます。
  • 【USB端子】
    「EOS R」はコネクターに「USB Type-C」を採用しているのに対し、「EOS Kiss M」は「マイクロUSB」です。「EOS R」は電源OFF時に充電が可能なUSB充電にも対応しています。
  • 【サイズ】
    「EOS R」は「EOS Kiss M」より、幅が19.5mm、高さが10.2mm、厚みが25.7mm、質量が229g、大きく重くなっています。「EOS R」は大型のグリップ部を採用しているのでカメラをしっかりとホールドすることができます。

機能・特徴
  • 【イメージセンサー】
    「EOS R」は3030万画素のフルサイズセンサーを搭載しているのに対し、「EOS Kiss M」は2410万画素のAPS-Cセンサーを搭載しています。「EOS R」は約2.6倍も大きなセンサーを搭載することで、高感度性能や階調表現、ボケ表現など画質面でメリットがあります。
  • 【低輝度合焦限界】
    「EOS R」は測距輝度範囲がEV-6~18なのに対し、「EOS Kiss M」はEV-2~18です。「EOS R」は肉眼でも確認しづらいほど暗い場所でもオートフォーカスが動作してピント合わせをすることができます。
  • 【Fvモード】
    「EOS R」は露出モード「Fvモード(フレキシブルAE)」が初めて搭載されています。AUTOの状態の「シャッタースピード」「絞り」「ISO感度」を任意でパラメーター変更することができます。
  • 【4K動画】
    「EOS R」は4K 30p/25p/24pの撮影に対応しているのに対し、「EOS Kiss M」は4K 24pの撮影です。「EOS R」はダイナミックレンジや階調表現に優れた「Canon-Log」、ALL-Iの圧縮方式による4K 30p ALL-Iで約480Mbpsの高ビットレート記録など優れた動画機能を搭載しています。



「EOS R (イオス アール)」と「EOS Kiss M (イオスkiss m)」のスペック違いを比較
製品名キヤノン EOS Rキヤノン EOS Kiss M
発売日2018年10月25日2018年03月23日
価格24万円前後7万円前後
シリーズEOS(イオス) RシリーズEOS(イオス) Kiss Mシリーズ
マウントキヤノンRF系マウントキヤノンEF M系マウント
センサーフルサイズ(36×24mm CMOS)APS-C(22.3×14.9mm CMOS)
ローパスフィルター○(予想)
ダスト除去機能
画像処理エンジンDIGIC 8
画素数3030万有効画素2580万総画素、2410万有効画素
最大記憶画素数6720x4480px6000x4000px
ISO常用:100-40000、拡張:50-102400常用:100~25600、拡張:51200
連写ワンショットAF時:約8コマ/秒、サーボAF時:約5コマ/秒ワンショットAF時:約10コマ/秒、サーボAF時:約7.4コマ/秒
連続撮影可能コマ数RAW:約34枚、RAW+JPEG:約34コマ、JPEG:約100枚RAW:約10枚、RAW+JPEG:約10枚、JPEG:約33枚
オートフォーカス方式デュアルピクセルCMOS AF(コントラストAF+像面位相差AF)
測距点/AFエリア最大5655ポジション(横87x縦65)143点(対応レンズ時)、99点
測距輝度範囲EV-6~18EV-2~18
顔認識○(「ONE SHOT」「顔+追尾優先AF」時に瞳AF対応)
電子ビューファインダー有機ELカラー 0.5型 (約369万ドット/視野率100%/倍率0.76倍)カラー 0.39型 (約236万ドット)
アイポイント23mm(接眼レンズ最後尾から)未確認
モニター3.15インチ (210万ドット)3インチ (104万ドット)
サブモニター(情報表示パネル)
シャッタースピード(メカ/機械式)1/8000-30秒1/4000-30秒
フラッシュ同調1/200秒
電子先幕シャッター
電子シャッター
サイレントシャッター
フリッカー対策静止画フリッカー低減撮影
バルブ撮影
セルフタイマー2、10秒
撮影可能コマ数約370コマ、動画撮影可能時間:合計約2時間20分約235コマ、動画:約1時間25分
RAW14bit(CR3)、C-RAWの選択可、DPRAW14bit(CR3)、C-RAWの選択可
JPEG
TIFF
RAW+JPEG
カメラ内RAW現像
動画4K UHD(3840x2160) 30p/25p/24p、フルHD(1920x1080) 60p4K(3840x2160) 24p、フルHD (1920×1080) 60p
4K動画の撮影方式クロップの予想センサー中央部の画素をクロップ
ハイフレームレート120fps(1280x720)
ファイル形式MP4
映像圧縮/音声記録方式MPEG-4 AVC/H.264MPEG-4 AVC/H.264、MPEG-4 AAC-LC(ステレオ)
撮影時間29分59秒、スローモーション動画:7分29秒まで未確認
高ビットレート記録4K 30p ALL-Iで約480Mbps、フルHD 60p ALL-Iで約180Mbps4K 25/24pで約120Mbps、フルHD 60pで約60Mbps
LogCanon-Log(カメラ内は4:2:0 8bit、4:2:2 10bitはHDMI出力)
タイムコード
ボディ内手ぶれ補正デュアルセンシングIS、動画時:電子手ブレ補正(コンビネーションIS対応)
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様
マグネシウム合金
可動式モニターバリアングル
タッチパネル○(タッチ&ドラッグAFに対応)
pictbridge
水準器
英語対応
Fvモード(フレキシブルAE)
その他4K切り出し、Camera Connect、回折補正
Wi-Fi
NFC
GPS
Bluetooth○(4.1)
USB充電○(電源ON時に充電するUSB給電は非対応)
メモリーカードSDXC UHS-IIカードのシングルスロットSDXC UHS-Iカードのシングルスロット
ジョイスティック(AFエリア移動用ボタン)
マルチファンクションバー
AF-ONボタン
135.8mm116.3mm
高さ98.3mm88.1mm
奥行き84.4mm58.7mm
重さ580g、660g(総重量)351g、387g(総重量)
バッテリーLP-E6N、LP-E6LP-E12
バッテリーグリップBG-E22(シンクロ接点あり)
マイク端子3.5mmステレオミニジャック
インターフェイスUSB Type-C、HDMI(タイプC)マイクロUSB、HDMI(ミニ/タイプD)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

EOS R

EOS Kiss M

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する