「BNT-801W」と「MediaPad M5」の違い


ブルードット「BNT-801W 8インチ」とファーウェイ「HUAWEI MediaPad M5 8.4インチ (メディアパッドm5)」の違いを比較しました。

「BNT-801W」(8インチ)は2018年7月6日に発表されたブルードットのタブレットです。1万円台の超低価格を実現しています。ディスプレイサイズが近い売れ筋のファーウェイ「MediaPad M5」(8.4インチ)と外観・スペックを比較してみました。

「BNT-801W」と「MediaPad M5 8.4」 1
「BNT-801W」と「MediaPad M5 8.4」の正面比較

「BNT-801W」と「MediaPad M5 8.4」 2
「BNT-801W」と「MediaPad M5 8.4」の背面比較

特徴の違い
  • 「BNT-801W」は1万円台前半の価格なのに対し、「MediaPad M5」は3万円台後半の価格です。「BNT-801W」は圧倒的なコストパフォーマンスを実現していますが、生体認証(指紋認証)には非対応で、全体的なスペックが「MediaPad M5」よりも抑えられています。「BNT-801W」はSIMカードに非対応なので、「MediaPad M5」のようにLTEモデルは用意されていません。「BNT-801W」は3.5mmヘッドフォンジャックやHDMI出力対応など「MediaPad M5」にはない特徴を持っています。



「BNT-801W」と「MediaPad M5」のスペック違いを比較
製品名ブルードット BNT-801W 8インチファーウェイ MediaPad M5 8.4インチ
発売日2018年09月2018年05月18日
価格1万980円前後(Wi-Fiモデル)3万8000円前後(Wi-Fiモデル)、4万6000円前後(nanoSIM、LTEモデル)
発売時のOSAndroid 8.1Android 8.0/Emotion UI 8.0
プロセッサーMediaTek MT8163 クアッドコア (1.3GHzx4)Kirin960 オクタコア (2.4GHzx4 + 1.8GHzx4)
RAMメモリー2GB4GB
内部メモリー16GB32GB
外部メモリーmicroSDXC(256GBまで)
バッテリー容量/急速充電4000mAh5100mAh、Quick Charge対応
セキュリティ(生体認証)指紋認証センサー(正面に設置)
モニター/解像度8インチ、HD(1280x800ドット)8.4インチ、WQXGA・2K(2560x1600ドット)、359ppi、画面占有率82%
ディスプレイIPS方式、5点タッチIPS液晶モニター
ディスプレイ機能未確認ClariVu(環境に合わせて画面を最適化)、Eye care(ブルーライトを低減して目を労る)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/nIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
対応バンドLTEモデルなしFDD-LTE:1/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26、TDD-LTE:34/38/39/40/41、W-CDMA:1/2/5/6/8/19
Bluetooth4.14.2
NFC(FeliCa/おサイフケータイ)
GPS
背面カメラ200万画素1300万画素 F2.2 像面位相差AF(PDAF)対応
正面カメラ30万画素800万画素 F2.2
コネクタUSB Type-C、HDMIマイクロ(Type-D)USB Type-C
3.5mmヘッドフォンジャック-(USB Type-Cの変換アダプターが同梱)
防水・防塵機能
オーディオスピーカー1スピーカー(モノラル)2スピーカー(ステレオ)、Harman Kardonチューニング、Histen音響効果
ハイレゾ
各種センサー重力センサー電子コンパス、ジャイロ、加速度、照度センサー、ホール
テレビ(ワンセグ・フルセグ)
スタイラスペン
カラーホワイトスペースグレー
124.5mm124.8mm
高さ208.5mm212.6mm
奥行き(厚み)9.2mm7.3mm(カメラ部に出っ張りあり)
重さ320g
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

BNT-801W

MediaPad M5

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する