「RX100M5A」と「RX100M6」の違い


ソニー「サイバーショット RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」の違いを比較しました。

「サイバーショット RX100 V (DSC-RX100M5A)」は2018年7月3日に発表されたソニーのコンパクトデジタルカメラです。「RX100M5A」は「RX100 V (DSC-RX100M5)」(2016年10月21日発売)の後継モデルになっています。

ソニーは2018年6月22日に「RX100 VI (DSC-RX100M6)」を発売していますが、「RX100M6」は24~200mm F2.8~4.5レンズを搭載した別ラインで、24~70mm F1.8~2.8レンズを搭載している「RX100M5A」と「RX100M5」の後継機種ではないようです。「RX100M5A」と「RX100M6」の外観・スペックを比較してみました。

「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」 1
「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」の正面比較

「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」 2
「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」の背面比較

「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」 3
「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」の上部・上部ズーム時比較

「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」 4
「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」の側面(左側・右側)比較

「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」 5
「RX100 V (DSC-RX100M5A)」と「RX100 VI (DSC-RX100M6)」を重ねた比較画像。「RX100M5A」が赤色です。

外観・デザイン
  • 【レンズ】
    「RX100M5A」は24-70mm相当の光学2.9倍ズームレンズを搭載していますが、「RX100M6」は24-200mm相当の光学8.3倍ズームレンズを搭載しています。「RX100M5A」は絞り値が「F1.8~2.8」で、最短撮影距離が5cm(ワイド端)・30cm(テレ端)の明るくクローズアップできるレンズです。それに対し、「RX100M6」は絞り値が「F2.8~4.5」で、最短撮影距離が8cm(ワイド端)・100cm(テレ端)になっています。
  • 【ファインダー】
    「RX100M5A」は内蔵のファインダーを使用する際にポップアップして手前に引き出す必要がありますが、「RX100M6」はポップアップするだけで瞬時に使用可能な「ワンプッシュアクセス収納式電子ビューファインダー」を実現しています。
  • 【液晶モニター】
    「RX100M5A」はタッチパネル非対応の122.8万ドットの背面モニターを搭載していますが、「RX100M6」はタッチパネル対応の92.16万ドットのモニターです。どちらも上下可動するチルト液晶ですが、「RX100M5A」は下方向に45度の可動なのに対し、「RX100M6」は90度動かすことができます。「RX100M6」はタッチフォーカス/タッチシャッターやタッチパッドAF機能に対応し、真俯瞰撮影もしやすくなっています。
  • 【サイズ】
    「RX100M5A」は「RX100M6」よりも厚みが1.8mm薄く、重量が2gだけ軽いボディサイズです。どちらもサイズ感はほぼ変わりません。

機能
  • 【オートフォーカス性能】
    「RX100M6」は、「α6500」や「RX10 IV」に搭載された「高密度AF追従テクノロジー」をRX100シリーズで初採用することで、複雑な動きの動体への追従性能が優れています。どちらも進化した画像処理エンジン「BIONZ X」により瞳AF機能や画質など全般のパフォーマンスが向上していますが、「RX100M5A」と「RX100M6」が同じ画像処理エンジンを搭載しているのか分かりません。
  • 【手ぶれ補正】
    「RX100M6」は4.0段分の強力なボディ内光学手ぶれ補正を搭載することで、望遠ズーム時にもしっかりとブレを補正することができます。「RX100M5A」の手ぶれ補正段数は分かりません。
  • 【4K HDR】
    「RX100M6」はHLG(ハイブリッドログガンマ)方式による4K HDR動画の撮影にサイバーショットで初めて対応しています。SDRと比較して暗い部分もしっかり描写できる広いダイナミックレンジの動画を撮影することができます。
  • 【Bluetooth】
    「RX100M5A」と「RX100M6」はどちらもWi-FiとNFC機能が搭載されていますが、「RX100M6」はさらにBluetooth機能も搭載されています。Bluetooth経由でモバイル末端から位置情報を取得することもできます。
  • 【その他】
    「RX100M5A」は、フォーカス枠の位置をカスタムキーに登録して撮影中に呼び出せる「フォーカスエリア登録」、横位置・縦位置撮影時で異なるフォーカスエリアとフォーカス位置が設定できる「縦横フォーカスエリア切換」に対応しています。「RX100M6」は、連写した写真のグループ表示やグループ単位での削除(RX100M5Aも対応しているかもしれません)、撮影枚数を最大約30%向上させる「モニター自動OFF機能」に対応しています。



「RX100M5A」と「RX100M6」のスペック違いを比較
製品名ソニー RX100 V (DSC-RX100M5A)ソニー RX100 VI (DSC-RX100M6)
発売日2018年07月13日2018年06月22日
価格11万円前後14万円前後
シリーズサイバーショット・RX100シリーズ
センサー1.0型(13.2×8.8mm Exmor RS CMOS 積層型)
ローパスフィルター○(予想)
画像処理エンジンBIONZ X、フロントエンドLSI
画素数2100万総画素、2010万有効画素
最大記憶画素数5472×3648px
35mm判換算の焦点距離24~70mm(8.8~25.7mm)24~200mm(9~72mm)
絞り値F1.8~2.8F2.8~4.5
レンズタイプZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ、ツァイス T*コーティング
レンズ構成9群10枚(AAレンズ3枚を含む非球面レンズ9枚)12群15枚(AAレンズ4枚を含む非球面レンズ8枚)、EDガラス2枚
NDフィルター○(3段分)
最短撮影距離5cm(ワイド端)、30cm(テレ端)8cm(ワイド端)、100cm(テレ端)
ズーム光学:約2.9倍、デジタル:11倍光学:約8.3倍、デジタル:32倍
ISO標準:125~12800、拡張80~25600
連写Hi: 約24コマ/秒、Mid: 約10コマ/秒、Low: 約3.5コマ/秒Hi: 約24コマ/秒、Mid: 約10コマ/秒、Low: 約3.0コマ/秒
バッファメモリー233枚
オートフォーカス方式ファストハイブリッドAF(像面位相差AF+コントラストAF)
AF-Aモード○(AF-SとAF-Cをカメラが自動切替)
フォーカスエリア「ゾーン」○(ピントを合わせたいゾーン位置を指定)
オートフォーカス速度0.05秒0.03秒、高密度AF追従テクノロジー
測距点315点(像面位相差AF)、25点(コントラストAF)
ファインダー電子式ビューファインダー0.39型 (235.9万ドット/視野率100%/倍率0.59倍)
ワンプッシュアクセス収納式電子ビューファインダー
シャッタースピード1/2000~30秒
電子先幕シャッター
電子シャッター1/32000~30秒
サイレントシャッター
アンチディストーションシャッター
バルブ撮影
セルフタイマー2、5、10秒
撮影枚数モニター:220枚 110分、ファインダー:210枚 105分モニター:240枚 120分、ファインダー:220枚 110分
モニター自動オフ機能モニター:310枚 155分
RAWARW
JPEG
TIFF
カメラ内RAW現像
RAW+JPEG○(JPEG画質を「エクストラファイン」「ファイン」「スタンダード」から選択可)
動画4K(3840×2160) 30p 100Mbps、フルHD(1920x1080) 60p 50Mbps
4K HDR
画素加算のない全画素読み出し4K動画○(約1.7倍の情報量からオーバーサンプリング)
4K動画の撮影時間約5分
ハイフレームレート/ハイスピード動画960/480/240fps(フルHD)
ファイル形式XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠
音声記録方式XAVC S: LPCM 2ch、AVCHD: Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載
動画機能ガンマ表示アシスト、ゼブラ、S-Log2、S-Gamut、プロキシー動画の同時記録ガンマ表示アシスト、ゼブラ、S-Log2、S-Log3、S-Gamut3、プロキシー動画の同時記録
手ぶれ補正4.0段分
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様
モニター3インチ (122.8万ドット)3インチ (92.16万ドット)
可動式モニターチルト(上方向180°、下方向45°)、自分撮り対応チルト(上方向180°、下方向90°)、自分撮り対応
タッチパネル
水準器
顔認識/瞳AF
英語対応○(予想)
Wi-Fi
NFC
GPS
Bluetooth○(4.1)
QRコード
マイメニュー登録機能○(好みのメニューを最大30個までカスタマイズ登録)
フォーカスエリア登録
縦横フォーカスエリア切換
静止画に5段階のレーティング○(★1-★5)
オートホワイトバランス(AWB)「標準」「雰囲気優先(暖かみがある表現)」「ホワイト優先(白を白く表現)」から選択
測光「ハイライト重点測光(最も明るい箇所を測光)」「画面全体平均測光(全体の明るさを平均して測光)」
マイフォトスタイル
PlayMemories Camera Apps
起動時間約1.4秒
撮影タイムラグ0.07秒
撮影間隔0.36秒
USB充電/給電
記録メディアSDXCカード、メモリースティック
101.6mm
高さ58.1mm
奥行き41mm42.8mm
重さ272g、299g(総重量)274g、301g(総重量)
対応アクセサリー三脚機能付きシューティンググリップ「VCT-SGR1」
アンダーウォーターハウジング○(MPK-URX100A)
マイク端子
バッテリーNP-BX1
インターフェイスマルチ/マイクロUSB端子、USB2.0、HDMI(マイクロ)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

RX100M5A

RX100M6

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する