ソニー、「α9 ILCE-9」の機能改善ファームウェアVer.3.00を公開(※追記あり)


ソニーは、「α9 ILCE-9」の最新ファームウェアVer. 3.00を6月28日に公開しました。(※追記:不具合修正ファームウェアVer. 3.01が公開されました)

ILCE-9 本体ソフトウェアアップデート|本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
  • ソニーは、「α9 ILCE-9」の最新ファームウェアVer. 3.00を公開した
  • 【FE 400mm F2.8 GM OSS (SEL400F28GM)への対応】
    - 手ブレ補正性能の最適化及び手ブレ補正モードスイッチ(レンズ)の「MODE3」対応
    - [ファンクションリング(レンズ)]設定メニューの追加
    - [AF時の絞り駆動]設定メニューの追加
  • 【スポーツ・報道機関のプロの方からの要望の大きかった機能の追加】
    - [シリアル番号書き込み]設定メニューの追加によりExifへの書き込みの入/切に対応
  • 【AF性能・機能改善】
    - 動体への追従性等、コンティニュアスAF性能の向上
    - 低照度下におけるAF速度の向上
    - [カスタムキー(撮影)]に割り当てできる機能として[AF被写体追従感度]機能を追加
    - 「LA-EA3」装着時にすべてのフォーカスエリアに対応
  • 【フラッシュ撮影時の性能・機能改善】
    - フラッシュ撮影時のレリーズタイムラグを短縮
    - ワイヤレスフラッシュ撮影時の[スローシンクロ]・[後幕シンクロ]設定に対応
    - 外付けフラッシュ(HVL-F60RM)にカラーフィルターを装着した時のホワイトバランス自動補正に対応
  • 【その他改善】
    - [フォーカスモード]:AF-C設定時におけるレリーズタイムラグの安定化
    - その他動作の安定性向上
  • ※Ver. 3.00にアップデートした製品の一部で不具合があったため、修正内容が含まれたVer. 3.01が公開されました。アップデート内容はVer. 3.00と同じです。(2018年7月10日に公開)

「FE 400mm F2.8 GM OSS」は本日発表されたスポーツ・報道プロフェッショナル向けの大口径超望遠レンズです。受注生産され、メーカー希望小売価格は160万円(税別)です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

FE 400mm F2.8 GM OSS

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する