ライカ、「ライカM10 Edition Zagato」と「ライカC-LUX」を発表


ライカは、「ライカM10 Edition Zagato」と「ライカC-LUX」を6月16日に発表しました。

Leica M10 Edition Zagato // ライカMシステム 特別限定モデル // ライカMシステム
ライカC-LUX // コンパクトデジタルカメラ
  • ライカは、「ライカM10 Edition Zagato」と「ライカC-LUX」を発表した
  • 「ライカM10 Edition Zagato」は「ライカM10」初となる特別限定モデル
  • イタリア、カーデザインのスペシャリスト「ザガート」のオーナーであるアンドレア・ザガート氏がデザイン
  • トップカバー、ベースプレート、ボディ外装にアルミニウムを採用し、通常モデルよりも70gの軽量化
  • 「ライカ ズミルックス M f1.4/35mm ASPH.」がセットで世界限定250台
  • 「ライカC-LUX」は2000万画素の1インチセンサーを採用
  • 光学15倍ズームレンズや、10コマ/秒の連写機能を搭載
  • 背面左上に電子ビューファインダーを設置
  • カラーはライトゴールドとミッドナイトブラック

ライカC-LUX
ライカC-LUX

「ライカM10 Edition Zagato」は21600ドル(239万円前後)、「ライカC-LUX」は1050ドル(12万円前後)の海外価格です。日本国内での発売日や価格は分かりません。「ライカC-LUX」はパナソニックの「LUMIX TX2」がベースになっていると思われます。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

ライカM10 Edition Zagato

ライカC-LUX

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する