パナソニック、「GH5S」「GH5」「G9」の機能向上ファームウェアを5月30日に公開


パナソニックは、「LUMIX DC-GH5S」「LUMIX DC-GH5」「LUMIX DC-G9」の最新ファームウェアを5月30日に公開すると5月23日に発表しました。

LUMIXファームウェア ダウンロードサービスを開始 | トピックス | Panasonic Newsroom Japan : パナソニック ニュースルーム ジャパン
  • パナソニックは、「LUMIX DC-GH5S」「LUMIX DC-GH5」「LUMIX DC-G9」の機能追加・向上ファームウェアを5月30日に公開する
  • 【LUMIX DC-GH5S Ver.1.1】
    - 「.モノクロームD」「粒状モード」を追加
    - カスタムメニューにフォーカスリング操作を無効にしてピント位置を固定する「フォーカスリングロック」、WB/ISO/露出補正ボタンを「押している間」設定変更できる機能、カスタムメニューの「操作ロック設定」に「ダイヤル」を追加
    - オートフォーカス性能、音声性能の向上
    - 撮影時のFnボタン設定に設定できる機能を追加、RAW現像機能を使用中に連写などグループ表示の中から画像を選択、WB設定中の画面にベクトルスコープを表示できるようになる
  • 【LUMIX DC-GH5 Ver.2.3】
    「LUMIX DC-GH5S」のアップデート内容に加えて以下が追加される
    - 暗所での撮影時にモニターに表示する被写体を確認しやすくする「ライブビューブースト」、「マニュアルフォーカスアシスト」の拡大倍率を最大20倍にアップ、暗所での撮影時に画面のまぶしさによって周囲が見えにくくなることを軽減する「ナイトモード」、セットアップメニューに電源表示ランプ・WIRELESS接続ランプを消灯できるメニューを追加
    - ボディ内手ブレ補正性能の改善
    - 「Panasonic Image App」とBluetooth接続中にスリープモードから復帰する時間を短縮、静止画撮影モードでフォトスタイルの「709ライク」「V-LogL」および「V-LogLビューアシスト」が使用できる、再生モードで「LUTモニター表示」「LUT HDMI表示」が使用できる、再生時のFnボタン設定に、「LUTモニター表示」「LUT HDMI表示」「ナイトモード」を追加、バッテリー残量表示アイコンを4マス表示に変更(1マスあたり約25%を示す)
  • 【LUMIX DC-G9 Ver.1.1】
    - 「.モノクロームD」「粒状モード」を追加
    - カスタムメニューにフォーカスリング操作を無効にしてピント位置を固定する「フォーカスリングロック」、WB/ISO/露出補正ボタンを「押している間」設定変更できる機能、カスタムメニューの「操作ロック設定」に「ダイヤル」、暗所での撮影時にモニターに表示する被写体を確認しやすくする「ライブビューブースト」を追加、「マニュアルフォーカスアシスト」の拡大倍率を最大20倍にアップ
    - オートフォーカス性能、音声性能の向上、ボディ内手ブレ補正性能、ハイレゾモードの改善
    - 「フォーカスリングロック」「電子補正(動画)」「マイクレベル表示」「ライブビューブースト」「L.モノクロームD」がFnボタン設定追加、RAW現像機能を使用中に連写などグループ表示の中から画像を選択できるようになる、「Panasonic Image App」とBluetooth接続中にスリープモードから復帰する時間を短縮

ファームウェアは5月30日(水)に公開予定です。「GH5」の更新内容には別売りのアップグレードソフトウェアキー「DMW-SFU1」が必要になるものもあります。大型のアップデート内容なのでユーザーに歓迎されそうですね。
※予定通り5月30日に公開されました。(5月23日から更新)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

LUMIX DC-GH5S

LUMIX DC-GH5

LUMIX DC-G9

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する