ニコン、「COOLPIX P900」「COOLPIX W300」の不具合改善ファームウェアを公開


ニコンは、「COOLPIX P900」と「COOLPIX W300」の最新ファームウェアを4月17日に公開しました。

コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P900 Ver. 1.4」、「COOLPIX W300 Ver. 1.1」用ファームウェアのダウンロードを開始 | ニコンイメージング
  • ニコンは、「COOLPIX P900」と「COOLPIX W300」の最新ファームウェアを公開した
  • 【COOLPIX P900 Ver.1.4】
    下記の現象を修正
    - 特定の地域で使用すると、位置情報がずれたり、位置情報取得ができなくなったり、不安定になったりする場合がある
    - カメラの姿勢変更(縦位置・横位置)にモニター表示が追従しない場合がある
    - インターバル撮影が1800枚で終了する
    - [月]モードで動画撮影すると、電源ボタン以外の操作ができなくなる場合がある
  • 【COOLPIX W300 Ver.1.1】
    - 特定の(測位衛星「みちびき」(QZSS)を捕捉できる)地域で使用する場合に、位置情報の精度を向上

    下記の現象を修正
    - 水中で電源をONにするとフリーズする場合がある
    - アクティブガイド画面の位置情報表示で、「秒」表示が10進数になっている

「COOLPIX P900」は1605万画素の1/2.3型CMOS(裏面照射型)センサーを搭載したニコンのデジタルカメラです。35mm判換算で焦点距離24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズを採用しています。販売価格は6万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

COOLPIX P900

COOLPIX W300

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する